フランスからの友達&ワンダーキッチン

こんにちは〜。

もう九月ですねー。
九月にはいった途端、感覚としてわかる位に風が「秋風」に変わりましたね。
日差しもそこまで暑くない。
うわ〜〜こりゃ秋がきたぞ〜〜〜。少しの寂しさとワクワク感。
この夏の猛烈な暑さが少しずつフェードアウトしていき
秋の涼しさに移り変わる絶妙なこの季節が大好きです。(九月生まれのせいか)

そんな九月の一日(土)に。
先日、カウチサーフィンを介して連絡してくれた
フランス人のMaxとMarineと鎌倉をぶらぶらしてきました。

昼の二時に鎌倉駅で待ち合わせして、Maxの希望もあり海を通り、大仏様方向へ。
材木座海岸を歩く姉、Max、marine。
朝、雨がざーっと降った鎌倉もこの通り。晴れてます。

Maxは色んな場所を旅している21歳の学生さん。
日本には一年間住んだ事があり、会話もメールも問題なく出来るすごい人。
Marineはおくゆかしくオシャレで可愛い女の子。21歳。
日本語を三年勉強していて、漢字もかなり知っている模様。
二人はフランスでの学校の先輩後輩関係なんだとか。
(聞いたけど恋人同士ではないらしい←聞いたのか笑)

鎌倉駅〜材木座海岸〜と長谷駅で鎌倉仲間のかよちゃんと合流。
(かよちゃん撮影。ありがとうー!)
大仏様でパチリ。

大仏様、地元すぎて数年ぶりに訪れたんだけど大仏様ってやっぱりいいね。
鎌倉の大仏様が一番だ。

てくてく歩いて、お気に入りの場所「一花屋」さんへ。

相変らず可愛い。

看板。

夏は窓を開け放してます。


絶対ここ海外の方が喜ぶのではないかと...。
喜んでくれていたようでよかったです。

冷やしレモン。450yen。
あんまり甘くない。シークワーサーが入っているそう。
コップが素敵。


Marineはジンジャーエールを。ネイルかわいいなー

金魚さん

その後はMaxの希望で駅まで歩くことに。
というのもMaxはヒッチハイクで旅してるとのことで(!)
なんともフットワークが軽いのです。よく歩く人なんだわ。

そして御成通りのウラダナの先の路地に
新しく出来たカフェ・ワンダーキッチンに行く事に。

というのも、Maxがここにカウチサーフィンで宿泊してるのです。
よくお邪魔するsouk souk soukやjentecoのスタッフさんに
「新しくカフェ作ったんで遊びに来て下さいねー」と言われてたのですが
なんとそれはワンダーキッチン、ここのことでした!

前のブログでsouk souk souk のことを書いてます。

ここワンダーキッチン、元々鎌倉の長谷にあったのですが
盛況すぎて閉店という伝説を作ったカフェ。それが満を持して再始動。

店内を拝見すると、ヨーロッパ風を思わせる木造りのおしゃれな店内。
スタッフさんにお店制作の経緯(みんなで電ノコ使って出来る限りDIY)
というのを聞いてたのですがそれも納得。
そこここにオーナーの黒澤さんと女性スタッフさん達のこだわりが垣間見えます。
てか黒澤さんがプロデュースするお店は全部センスがいい...!!すごいな〜〜〜。
鎌倉にこういうお店が増えるとほんと嬉しいです。(何を偉そうに)

木のぬくもりがあったかい。

別のお部屋

ペンギンが。

壁も手作り感溢れる感じ。

階段の上から。

綺麗な青のトイレにはバスタブが。
というのも、カウチサーフィンのゲストが使う為なんですねー!

二階へ。トナカイのライトが可愛らしい。


二階は落ち着いた空間。


ベランダには植物が。


ちょっとしたパーティも出来そうです(でも閉店がちょっと早いそうだ)


本棚には旅の本やCDが。


お座敷もあるよ。


ちょっと覗かせてもらった今Maxが使っているゲストの為の部屋。
めっちゃいいところじゃないですか...!


机もあるし。なんて遊び心の効いた部屋。
カフェにカウチサーファーの部屋作っちゃうなんて、
黒澤さんほんと器がでかいっちゅうかなんちゅうか。
素晴らしい心意気だなあ。


みんなでごはん。


私が頼んだカレー。器が!月と太陽ですよ!!!!!
チキンがよく煮込まれてて美味しかったです。


Maxの頼んだ同系列のカフェのアメリカ雑貨を扱っている
JUNXのハンバーガーもここで食べられます。


そして肉がダメなMarineが頼んだベジタリアン仕様のサーモン。
(メニューにあるかどうかわかりませんのでスタッフさんに聞いてみて下さい)

ワンダーキッチンの「ワンダー」は彷徨う、という意味なんだそうです。
なのでここでは世界の料理を彷徨える=色んな国の料理が楽しめます。
次行くのが楽しみになっちゃうわ!!

最後はフランス語の発音とか、文化について雑談してましたが
二人が日中歩いて疲れただろうとのことで丁度いいところでかよちゃんと退散。

二人とも日本語しゃべれるのであんまり英語とか使いませんでしたが
日本にいて異文化に触れられるのはいいですね。
てか英語使わなきゃ!!
(でも最近教会の無料英会話に通い始めましたよ....おせーーーーよ!)

Max、Marine、姉、かよちゃんありがとう〜!!
充実した楽しい一日でした。

鎌倉のおしゃれパンツのお店「Yipun Man(イープンマン)Plus」

こんにちはー。

もーもー、春本番ですね。
薄着で外をうろうろしてると冬の寒さは忘れてしまいますが
このあたたかさをどれだけ待ち望んだことか。
無駄に楽しくなってきました!!

そんな春のあたたかな日、姉と鎌倉散歩。
てくてく歩いていると、カフェの草分け的存在「ヴィヴモンディモンシュ
のはす向いのビルの前にこんな看板を発見しました。

Yipun Man...?
そして「旅パンはじめました」の文字。
ここで頭に浮かんだのは「タイパンツ」だったのですが....


こんな看板。


急な階段を3階まで上がると...。

中にはこんなおしゃれなスペースが!

Yipun Manとはおしゃれパンツのお店でした。
ほんとにパンツメインで売っているお店なんですね!

なんでもこのお店、元バックパッカーのご主人が始めたお店なんだそう。
このお店を始める前は会社員(カメラ会社勤務)をしていたご主人。
でも当時は会社がイヤでイヤでたまらなかったんだとか。
ところがある紡績関係の知り合いにその話をしたところすぐに意気投合。
トントン拍子に話が進み、知り合いも一緒に会社を退職。
とりあえず仲間とタイへ行こうということになり、
そうして下着ショップを開店する流れになったんだとか。
(ちなみに店名の「Yipun」とはタイ語で「日本」のことなんだって!)

...っと入店してすぐご主人に会社員当時のお話〜退職〜開店のきっかけ〜今〜
までの流れを立ち話で伺ったので少し曖昧なところがありますが;
(間違っていたらごめんなさい)

ご主人の、会社を辞めたことについて
「今でも前の会社の同僚とはすごく仲がいいんですよ。
でも100対0で、会社を辞めた事については100パーセントよかったと言えますね」
「ずっとあそこにいても何も変わらないと思ったんです。」
「すべてにおいて流れがあるし、タイミングですよね」
という言葉と、落ち着きつつも熱をはらんだ話し方がすごく印象的でした。

ちなみに気になっていた旅パンとは、タイパンのことではなく...
「旅パン=旅のパンツ」の事。
というのも旅パンにはポケットがついていて、そこには「パスポート」や
「長距離バスに乗車する際にクッション代わりになるハンカチ」
などをいれる為のものなんだとか。
おお〜!さすが元バックパッカーならではの発想。
「ないなら作ってしまえ!」精神、大好きです。

ちなみにここに置いてある下着は全てメンズのものだそう。

ところ狭しと並んだ雑貨と、下着の数々。

逆光を浴びた色とりどりのパンツ。
かわい〜!フォルムが良いですね。はきたい。

額におさめられたおしゃれパンツ。
これはハワイで布を作って、ハンドメイドされたものだそう。

額に収められると立派だなー。

パンツ三兄弟。

いい色ですね。

ビビットな色遣いがタイ雑貨ぽい。


メンズものばかりですが女性もはけるんだそう。
最近はランニングする女性が多いのでスパッツをはいて
このおしゃれパンツをはいて走るスタイルもありだとか。

な、なんとこのパンツには

カエルが潜んでます!初めてみたこんなパンツ!

ミシンなど置かれた素敵な店内。

雑多としているようでまとまるのある空間です。

あとはアクセサリーなどなど。
あ、それとサーフィンをする時はくパンツなども置いてました。
それはメッシュ?レースっぽい生地なので女性にも人気だとか。

驚いたのは友達の切り絵作家の作品があって、
その友達が今度NYで展示をするんですが
ここでも色々広めて行こうと話しているんだとか。

色々繋がってますね〜。

鎌倉駅にかなり近い場所ですがこんなお店があるとは!!
まだまだ面白い鎌倉です。

ショップカードも◎!地図がイラスト(笑)
駅前のお店、鳩サブレの豊島屋=鳩サブレ、不二屋=ケーキ、傘屋=傘などで
イラスト化されてます。
このわんこはご主人のわんこだそうです。笑

また遊びに行こうーっと。
皆様もぜひ鎌倉駅近のパンツの名店、覗いてみて下さい♪

サイトでも買えます↓

家族のお祝い

こんにちはー。

なんかバタバタしてましたが、先日家族の集まりがありました。

祖父が一族の中で最長老になるとのことで、(祖父の父が今までは最長老だったそう)
ド平日に有給休暇取って(ウワー)鎌倉の「アマンダンブルー」
(今年出来た結婚式場兼ねたレストラン)に行って参りました。

なんかこれ写真、どこのカテゴリに入れたらいいのかわかんないな...
かなり内輪な写真且つほぼ写真の練習みたいになってます;(すみません)
....が料理は美味しかったです!

姉と姉の彼氏りゅうじーぬ。

祖母と祖母の弟さん。

アマンダンブルーの三階。
海まるみえーただ今日は曇りー。晴れたら青々とした海と空が堪能できるそう。

みんな勢ぞろい。
といっても全員家族ではなく、祖父の仲の良い後輩さんや、
祖父母がお世話になってるご近所さんも。

乾杯。

アグー豚のブラマンジェ。

有機野菜のラタトゥイユ。

みっちりしたパン。バターは注文して貰いました。

安納芋のポタージュ。

白身魚のパイ包み。

お肉!!

柑橘系のソースと栗のアイス。

コーヒー。

この間モヒート、ギムレットを。

飲み物に関しては、なぜか注文してからすごく時間がかかりました....
「グラスがない」とか言われて出し渋られたり。
めちゃくちゃ待って出されたモヒートが偽物だったり。
変なもの出す位なら最初に「時間かかりますから別のものにして下さい」と
言ってくれればこっちも無理言わないのになー。





私。姉に撮ってもらいました....なんじゃこれ

「かっこつけてください」と注文したらこのポーズ。

祖母。80代。若いです。

祖父。
朴訥というか、感情表現の苦手な不器用な祖父ですがすごく立派です。尊敬しています。

最長老になったということですが、これからも元気で健康に過ごして欲しいと思います。
ただ今忙しいのを理由にあまりお手伝い出来てないので(近くに住んでるのになー)
今のうちに恩返しという名の何かをしてあげたいですね。

NEW OPEN 雑貨屋「SOUK SOUK SOUK」

目印の看板。

こんにちは〜。
先日鎌倉うろうろの時に御成通りで見つけた「SOUK SOUK SOUK」!!

この日はヴィモンディモンシュ→sahan→着物のお店→....と
うろうろしてた最中だったのです。

鎌倉西口からの御成通りの中ほどに位置する、真っ赤な壁がおしゃれで
タイパンも買えるアジア雑貨のお店
「jenteco(ジェンテコ)」の向かいに出来ました、「SOUK SOUK SOUK」

わ〜い!
ネパール(ほか色々)雑貨だー!

天井には砂漠地方を思わせる布を飾り、木の内装に囲まれた店内には雑貨雑貨雑貨!
ストール、ぬいぐるみ、ピアス、鞄!
ところせましと並べられています。

らくだのマークが可愛い。


こういう雑貨見ると冬が楽しくなるよね〜。宝探しだ〜。


かわいい。笑



鞄ほしい〜。

この日は鮮やかな青のストール(2800yen)と羽根ピアス(1200yen)購入。



店の奥に進むと、ん?あれ、れいこちゃんだ!

れいこちゃんはいっちばん最初は鎌倉行きの横須賀線の中で
「隣に立ってるおねえさん(れいこちゃん)のしてるおおぶりのピアスかわいーなー
多分この人なら話しかけても大丈夫そーだー...」

....と思ったけど結果的にその日話しかけることはせず、(私、完全に怪しい人!笑)
展示をさせてもらったソンベカフェのライブに伺ったところ
そこにれいこちゃんも来ててそこで初めて挨拶して、友達になりました。笑

こないだの車庫コンにも出ていたMarembo2011の歌い手でもあります。
同い年の、けだるく明るく(笑)華やかな雰囲気の美人さん。

でも写真は恥ずかしいとのことです。笑

御成通りは最近ほんとにアツいストリート(笑)に変わりつつあるので
鎌倉観光にいらした際は小町通りだけでなくこちらも覗いていってくださ〜い!ぜひ!

また遊びに行こうっと。

お茶とごはんのお店sahanさん

こんにちは〜。

先週の5日の土曜日、鎌倉散歩の途中「sahan」さんに伺いました。
ここはまさに11月1日にオープンしたお茶とお惣菜とごはんのお店。
場所は鎌倉駅の裏駅から一分です。

「普通」だけどその「普通」は特別でありがたく幸せなこと。
食べたあとに素直に「ごちそうさま」と言えるごはんを目指しているお店だとか。

ごはんを別で食べたのでお茶だけ飲みに伺いました。

見落としてしまいそうな控え目で可愛いドアを開け、中の細い階段を上がると...
小さいドアからは想像のつかない清潔で広々とした店内。
レジでメニューを選び、そこでお会計。
かわいいあひるちゃんの番号札を受け取り、席へ。

このお店のシステムは基本的にセルフサービス。(お水もご自由に)
私たちが伺った時は女性のご主人お一人でした。

あひるちゃん番号札。

外から差し込む光、ぬくもりのある木の机、椅子、さりげない小物、控え目な音楽。
気持ちのいい空間です。

チーズケーキ(450yen)とカフェオレ(たしか500yen)
姉たちは珈琲とワイン。

定食はごはん・パンと選べて1200yen〜だそうです。

器がとても素敵です。
姉の彼氏は器を激褒めしていました。
水のグラスも可愛かったな。

ケーキをつつきながら今度のイベントの相談を....。

長居してしまいました....外はすっかり夜に。
また夜になると雰囲気が違ってきます。
鎌倉駅ホームに並ぶ家路に帰る人を眺めながらの夕食もいいですね。

灯りが心地よいです。

お店のコンセプト通りというか、
全てが控え目で、さりげなくて、普通なんだけどそれこそ特別....という雰囲気の空間が
とても心地よかったです。

今度はごはんを頂きにお邪魔しようと思います〜。

鎌倉・着物の店

こんにちは〜、昨日5日、夜鎌倉の御成通り「鎌倉 着物の店」に伺いました。

姉が「ここの羽織はいい!」というので。
というのも姉の彼氏りゅうじーぬはいつも羽織を着ている、
レトロフューチャーなファッションをデイリーに実践にしている方なのです。
(なんかいらっとくる英語三昧な文章。)

というわけで御成通りの路地をちょろっとはいった場所にあるお店にお邪魔。
しかも私、姉、りゅうじいぬ三人ともタイパンツで...。謎な三人。

このお店に入る前に小学校の同級生と偶然会えてしばし雑談。
てかほんと毎回嵐のような勢いだ、ちーちゃん。(来年カンボジアに働きに行くらしい)

お店の中。
リーズナブルな値段の羽織や着物や帯紐がずらり!!

伊東深水の直筆画が。

いつも羽織のりゅうじいぬ。
鎌倉をうろついてると鎌倉マダム達に
「あら素敵なお召し物ですこと」
と囲まれたこともあるとか。大人気ですやん。
てかもはや店員さんだな....この佇まいは....。

何着か試着して、買う気全くなかったものの
私は黒地に矢(アロー)柄の羽織を2100yenで購入。
作りがしっかりしていて、カーディガンがわりに着られそう。

てかforever21とかで服買うよりこういうとこで買って長く使った方が良いよね。
(とかいいつつインナーはいつもH&Mです。あはっ)

買う時に店員の素敵マダムに
「これを選ぶなんて素敵なセンスをお持ちですね」
的な褒め言葉を頂きました。笑
あ、でも写真がないな!

マダムに
「こういう着物はどちらから仕入れるんですか?」
と伺うと
「やはり鎌倉が一番多いですね〜」
とのこと。さすが古都鎌倉だなあ。

千鳥好きです。

千鳥LOVE。

和物雑貨。

色とりどりの帯紐。
しかもリーズナブル...!

昔は鎌倉で衣服を買う事は全くなかったのですが、
最近は御成通りに素敵なアンティークショップとか古着屋さんとか
ネパール雑貨のお店屋さんとか出来つつあるので
鎌倉でもよく買うようになりました。
タイパンツも買えるんだぜ!!

最近御成通りアツいな。
小町よりよく来てるかも。

また来たいと思います!

夜な夜な鎌倉を走るPOMPON CAKES

こんにちは〜、昨日の金曜の夜。鎌倉駅から家への帰り道。
11月の冷やっこいようなぬるいような空気の中を
YMOの音楽を聞きながらいつもの道を歩いてました。

すると前を走る不思議な不思議な屋台カー(?)
人力車のような、海外でたまに見かける屋台のような。
なんだありゃ!
ゆっくりゆっくり大仏方面に車を走らせています。

カーの上には「POMPON CAKES」.....何か売っている!!

小走りで後ろから
「なんか売ってるんですか?!」
と話しかけました!(笑)

運転していたお兄さんが
「あっ!そうなんですよ!」
と車を止めてくれました、やったー。

お兄さんの走らせるPOMPON CAKES CAR。

聞くと長谷の方のお店(うちの近くだった)から
たまに屋台を走らせ、ケーキを売っている模様。

「夜な夜なケーキ売ってるんですー。」
にこにこ感じのいいお兄さん。
お兄さんはなんと私と同い年で、高校の話を聞くと共通の友達がいました。笑
さすが地元。
しかも大学は姉と一緒....姉の後輩ですやん。

全粒粉のシフォンケーキや、にんじんケーキやカップケーキなどなど。

なんか夜な夜な屋台走らせてケーキ売るとか、いいなあ〜。

私真冬にチャイ屋やりたいわ。
あっつあっつのガツンとマサラ効いたチャイ売るの。
あのインドの下町で売ってる無骨な3Rs.のグラスで。
移動チャイ屋バラッツさんの力借りよう(勝手に。)

お兄さんに別れを告げ(帰り道の方向は一緒だが笑)帰宅し、ケーキを開けてみます。

かわいい箱。「enjoy!」

しっかりした袋にはファンキーなキャラが。

もう店じまいとのことで一つケーキをおまけして下さった....。
地元のよしみか。んなことないか。ありがとうございます!

カップケーキ。手のひらよりもうちょい小さいケーキ。かわいいの。

これで700yenくらい。お土産にいいねー。

シフォンもカップケーキもしっとりしてて優しい味。
にんじんケーキは上のクリームみたいのが少し酸味があって美味しかった!

可愛いので並べてみる。

翌日家から鎌倉駅に向かって暴走してたらまたも屋台を走らせるお兄さんに遭遇。
「あっお兄さん!ケーキ美味しかったですー!またー!!」
と伝えました。笑

また見かけたら買おう。

鎌倉に来られた際見かけたら是非買ってみて下さい〜。
あ、でもなんか地元では有名みたいです。
母は友達からここのケーキ頂いた事あるって言ってました。

地元のお店「ウラダナ」

たまには鎌倉のお店紹介なども。

鎌倉に一日いる日はチャリとかでうろうろ色んなお店にお邪魔したりするのですが
その中のひとつに「ウラダナ」さんがあります。

鎌倉駅の裏駅の御成通りに入り、まっすぐ、一つ目の角を右に曲がったところです。

角に置いてある目印。

どん。

灰汁デザイナーの元気いっぱいアクティブなえりさんと、
お店のマネージャー的なポジション?の
物静かだけどユーモアたっぷりのくにこさんの
揃っておしゃれなお二人がやっているお店。

か、肝心のお店の中の写真がないな....(汗)しかも夜だし。奇麗だけど。
サイトの方を是非ご覧ください。

木のぬくもり溢れる店内。
お店の洋服のディスプレイも独特で、こじんまりとしたスペースなのに
長居したくなります。

服も、一見普通なのに触ってみると布にこだわっていたり
インナーにもちょこっとしたデザイン要素が入ってたりで
デイリーに活用できる服が置いてあります。
派手すぎなくて日常に取り入れられるのがいいです。

靴も一つ一つ手作りなのにお値段も手ごろです。
靴底にタイヤを使用していたり、ディティールにこだわりつつも
しっかり作られてる物なので長く使えると思います。

てか何よりお二人の人柄が大好きです。
なんであんなに親しみやすいお人柄??笑
オシャレで、笑顔が素敵で。あんな大人になりたいなー。

今度中の写真も撮ってきます〜!;

窓からこぼれる光が素敵。

鎌倉散策の際ぜひ覗いてみてください!



| 1/1PAGES |

PROFILE
絵・旅行大好きイラストレーター。
鎌倉と都内をうろうろ。
話しかけてね。


LINKS

ウチヤマヒロミサイト「soi」

ぶらぶらインド四ヶ月の記録「ぶらぶらインド」

著書「ぶらぶらインド四ヶ月」販売サイト


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM