大学の同窓会を開催しました。

こんにちは。

なんかもうすっかり秋ですね...というかもう冬?寒いよ寒いよ。笑
つい最近までノースリーブに近い半袖貴てウヒャウヒャ言ってたのになあ。
(ウヒャウヒャはほぼ毎日言ってますが)

そんな秋深まる10月6日、大学の同窓会を主催してきました。
(この日はまだあったかかった!写真の私半袖だもんな)

思い出せばあれは8月の終わりか?
大学仲間(家が近い)ゆきたんと鎌倉のヴィヴモンディモンシュでお茶してる時に
なにげなく
「同窓会やりたくない?」
「いいね!やろうやろう。」
その会話からとんとんと話が決まり今回の開催へ。
決めてからの三ヶ月なんてあっという間。
なんとか無事開催に至りました。

開催当日、ちょっとわかりにくい場所だったのでお店の入り口で皆を待っている時
次々に到着する懐かしい顔を前にしてふっと大学時代に戻ったような錯覚に陥り、
改めて大学時代って宝物のような大事な恵まれた時間だったな、と
思い出すことしばし。
課題で何日も徹夜したり、プレゼンに悩んだり、みんなでお酒呑んで深夜の田んぼで
騒いだり、あの頃の記憶って彼らとしか共有できていないわけですもんね。
やっぱり同期っていいなあ。
彼らと同じ年を重ねられるのがなんか心強いよ。笑

卒業以来会える同期もいたりして、喜ばしい日になりました。
完全内輪ですがよろしかったら写真ご覧下さい〜。

準備前。同窓会開催にのっかってくれた優しき仲良しメンバー。
この奥のやっちゃんのビミョーな顔....笑。
手前はよくブログにも出てくる親友ノダ。

こちらも開催メンバーの二人。
左がおもちゃを作る会社のゆきたん、右がデザイナーのさっきゅん。

渋谷のお店のテラスを貸し切って
19時開催、19:30乾杯だったのですが出席の返事くれてた同期は
ほぼ集まり、なんと優秀(?)なんだ!と感動。(まあ大人ですからね。笑)

アブラーズ

同期のみんな。みんな立派に働いててえらいよー。笑

真ん中はテレビ局の中で働くかっつえ。右はうちのゼミの先生。

久々のふたり。

美しメンバー。

ママ二人。
二人とも子供がいるのに全く変わらない上にますます綺麗になっとる!!(驚愕)
愛情って女性を美しくさせるんですね〜。
子供もこんな綺麗なママで嬉しいだろな。笑

イエーイ

ノリが変わらない!

シナリオを書く人。まーしー。

歌舞伎座で働くパパ、おのっち。ガシャポンの会社にいるしまちゃん。

うちは芸術学部だったのですが今は芸人だったり、
子供の教育の研究(と、幼稚園の先生)だったり、映像の仕事してたり、
皆ほんとそれぞれ。

会も終盤に近づいた頃、
なんとこれから長期旅行に行く私を送る為の
豪華ケーキをサプライズで用意してくれてましたー!!!!
驚愕ー!!!!

びっくりしすぎて+ありがたすぎて(こんなにしてもらっちゃっていいのか?的な)
逆に冷静になっちゃったよ。笑 いやもうほんと恐縮です!はい。

ケーキの上には丁寧に作られたアジア諸国の旗と、「We Hiromi」ののぼりと、
「うっちーいってらっしゃい」の素敵なメッセージが!!

いってらっしゃい応援カードも皆から頂いてしまって。
みんな〜〜本当にありがとう!
準備大変だったろうに。

最後には集合写真を。集合写真てなんかいいね。

最後には先生お三方からお言葉を頂いて。

帰りに久々に会えた最愛のじゅんこ先生(うちのゼミの先生)から
ハグしてもらいました。こんなアクティブなかっこいい女性になりたい!

最後に印象的だった我らが順子先生の言葉。
「君たちはもうそろそろ30代ですが、これからもっともーっと色んなことあるから!
40代になっても50代になっても楽しいことあるし、私は今でも楽しいです」

うわー先生良い事いうなあ。笑
きっとこれから生きてく上であった時、思い出すのは
きっとあの時間を共有した仲間達の顔なのかもしれません。

数年後、ぜひまた同窓会やりましょう!
主催メンバーの皆、同期の皆、先生方、本当にありがとうございました。

開催側として沢山お礼を言われたけど何より楽しんでいたのは私自身でした...多謝。

あー、楽しかった。いい夜やー。
そのあと二次会には参加せず飯田橋LOMハウスへ急いで向かったのでした〜!

穴守稲荷・羽田神社で神輿を担ぐ!

遅くなっちゃった。

八月初旬、羽田神社にて御神輿担いできました!
最近ほんとに神輿づいてるな....一か月に2、3回は担いでるよ。笑

ということで集合は大鳥居。穴守稲荷でもいいんだけど。


神輿定番メンバー(?)
台湾人のセイさんと、としくん。猛暑のため二人共ハーフパンツ。


今回もお祭り野郎の友達の力を借り、祭り仕様の格好に着替えて出動!
と、いうのもこの御神輿は着替えないと担げないそう。
それにしてもまさか借りられるとは....いつもありがとう。

もう通りではわっしょいわっしょいしてます。


「させーっ」うおおおおおみごとーっ!


ものすごい人!
地元の各自治体及び色んなところから沢山の団体が祭の為に集まってきているそう。


笑っちゃう位の炎天下。
刺すほどの直射日光を浴びながら担ぐべき神輿へ向かいます。


太鼓部隊。赤ちゃんもはっぴ着て。い〜ね〜下町だね〜


男性陣、いったー!
左からいつもお世話になってる宣也さん(先週も北鎌倉での神輿でお世話になった)
東北のボランティアつながりの仲間としくん、
のぶやさんの大学の後輩リクちゃん、そしてセイさん。


なんかもうもみくちゃ!!


この混雑っぷり。すごいいいいい!

ここから友達のカメラで撮影したり、高架下(音が響くからカッコイイとのこと笑)
あたりで担ぎに参加したんですが、
心棒二本を支えて神輿をがつがつ揺らす動きがもうもう激しすぎて!!

「いままでの神輿とは違うー!」て実感しましたね。

終盤、半被姿のおっさんにバチーンとはじかれて(ふっとんだ・笑)
しばしボーゼン。汗にまみれ立ち尽くし、唖然。下半身ブルブル、バンビ。

なんかでもね、あとで聞くとこによるとあのおじさんは助けてくれたそう....
多分私がフラフラで危なかったんだろーなー....
て、なんかもうもう改めて本気の神輿の激しさにショックを受けました。笑
いや、すごいよ、御神輿。


次から次へと担がれてく神輿。
そして色とりどりの半被。


こう暑いと熱中症にもなるでしょう〜とレモン水を配るありがたい給水所。
まだこの時点ではあんまり担いでないけど四杯位飲みました。笑


こないだの鶏をシメてビリヤニを作ろうの会で初めて会ったあかねちゃん。
今日誘ってくれたのも彼女。
同い年の声がすごく優しい朗らかな女の子。


背中がかっこいい


涼むために皆で食べるあずきバー。
でもどんどん溶けてくる!


きらびやかな御神輿。この中には神様が....。


続々と終着点に集まってくる御神輿。
今回なんと14基も出動しているそうで。
後発の御神輿はまだわっしょいわっしょいしているはず。


少し間が空いたので羽田神社にご挨拶。


香り玉の屋台。


真剣なまなざしで金魚と向き合う少年。


....を熱く応援する大人たち。少年、緊張。ごめんなさい。笑


さて戻りますと。
お、そろそろ神輿も集まりつつあるね。


記念撮影してたり。


うわーすごい。さすが下町(?)やんちゃな頭のお兄さんだー
絶滅危惧種指定ですよこれは。


こないだの雄勝神輿派遣で一緒だったゆうくん。
墨田生まれの墨田育ちのお祭り野郎。神輿さばきもなんのその。
お調子者ですが、「墨田発 復興支援プロジェクト ガクつな」を
立ち上げたりもしている実はしっかり者の21歳。
でもなんかいつもアホトークしてる気がするわ.....笑


さーてまだまだ担ぐよ〜。

細い路地からのスタート。
まあこれがずーっと続くんだけど。笑


あ、これこれ心棒を支えて揺らす動き。
下!


下!


下!ともう激しく揺らす揺らす!!
この動きで足腰フラフラになります。


女子も担ぐよ!
こないだ一緒に御神輿担いだあやこさん。
世界一周もしちゃう尊敬すべきアクティブ女子。


と、ここで休憩〜


ビール呑んで一息。


段々暗くなーる路地。


もう夜だ。でもまだまだ続く!


お囃子部隊、きらきら光ってます!


さらに容赦なしにぐわんぐわん!

お囃子〜。

てか御神輿って自分で光るのね。

ピカピカ

汗みどろ。だが神輿は続く。

担いだり、後ろでかけ声かけて神輿を追いかけたり。
何時間経っただろ?終わりが見えない...と思ってたら広場へ。
そこで最後にまたぐわんぐわん揺らして、
も、もう限界....って位で抜けたらもうフィニッシュだったみたい。

最後に豊作祈願?の稲穂を投げる。

と、皆で一本締め。して終了〜〜〜〜〜〜!!!

長い長い神輿担ぎが終わり、一同安堵とやりきった達成感の表情。

お疲れさまでしたあ〜〜〜〜

配られるウーロン茶とウーロンハイ。

と、カレー。笑
疲れすぎててもうカレーとか摂取できなかった....。
いや、食べたけど。美味しかったよ。

そして下町情緒溢れる銭湯へ!450yen。

そのあと穴守稲荷駅近くは「野菜を食べるカフェ 油揚げ」にて打ち上げ。
というかお疲れさま会。
お狐様(穴守稲荷駅前には狐の銅像が!)の好きな油揚げが店名なんて、
なんてシャレてる!

みんなで焼き肉ー。そしてサラダ!魚!酒!
全部美味しかったー!

なぜかエレクトーン演奏聴いたり。笑

そんなこんなで夜は更けて行き、あっという間に終電の時間に。

いつも思うけど、御神輿はほんとにいい。
なんだろ、あの一体感、疾走感と、最後のやりきった感。
お祭り大好きな人達のパワー、そこから溢れるポジティブなエネルギー。
なんかもうくせになってしまったよう。(もともとお祭り好きだしね)

いつも法被を貸してくれたりコーディネート?してくれたりする宣也さん、
ゆうくん、今回お部屋やタオルを貸して頂いたユリさん、後藤さん
ありがとうございました〜!
今日一緒に担いだ仲間もまた一緒に担ごう!

楽しい一日をありがとう!!
いやー、ほんとに楽しかった。また絶対担ぐぞー。


穴守稲荷。どこまでも続く提灯が幻想的かつ印象的でした。

真夏の夜のJAZZ in hayama

こんにちは〜。
毎日暑い暑い!猫もダレてます。

先日、姉のお友達のお知り合いからチケットを譲って頂き、
「真夏の夜のJAZZ in hayama」にいってきました〜。やったー。

これですね。
15:00開場/16:00開演〜20:00終了。

私が行ったのは金曜日。なに、土曜にはクリスタルケイも来るとか...ぐぬぬ。
などなど。

場所は逗子駅からバスで15〜20分の場所にある葉山アリーナ。
初めて来たわ。海の真ん前なのね。

あわわ、ヨットハーバーとか。せっ、セレブリティー!!
てか葉山ってあんまり来た事ないんだけどセレブな場所ですねー。
鎌倉もセレブだなんだとか言われるけど
逗子マリーナ〜葉山にかけてはお金持ちばっかりのイメージですわ。(んなこたない?)

逗子〜葉山周辺に住んでる友達は
「コンビニないのは田舎なだけ。のどかな漁村ですよ」とのこと。ほんまかいな。

入場した時にはまだあまり人はおらず。
指定席に荷物を置きます。
それにしてもこの暑さ、すこし日差しの下にいようもんなら汗が噴き出してきます。

日陰を求め、開演するまで近所のカフェに避難。
葉山アリーナは安い喫茶店がないのですね...。
スタバとか作れば良いのにー。歩いて行ける距離にコンビニないし。

iPhoneで調べて行ったものの、カフェは開いておらず。
「CAFE」って書いてあるのに「開いてますかー?」と聞いたら
洗濯物めっちゃ干してある店内?の奥から
「開いてませ〜ん」とやる気のない一言.....なんてこった
なんていうか、ゆるくやってる民家兼カフェみたいな。
写真はトイプードルと姉。

仕方なく会場内へカムバック。ここの方が安いや(?)
からあげとビールで乾杯(二人とも汗だくのひどい顔...)

清涼飲料水は200yen、相模産の豚のソーセージは3本500円。
氷結も500yen。うへえ。

ライブはじまりはじまり。
最初レ・フレール。だが遠くてあまり見えず。でも連弾かっこよかったー。
サラ オレインさんの透明感のある歌声よかったー。

全体的に年齢層高めのしっとりしたライブでした。
スタッフさん含め若者もそこまでおらず。そらそーだ、平日だもん。
上田正樹さんよく知らなかったのですが会場内めちゃくちゃ盛り上がってましたねー。
あとで母に聞いたら「あらー上田正樹出るんだったら聴きたかったわー」
そんな有名な方なの(すみません)


なんかよかった、ヨットを移動する為の機械。メカメカしくて良い。

会場盛り上がってるときにはしごに登るスタッフさん(?)
一般の方じゃないよね....

段々夜になりかけてきました。
海からの風が涼しいー!

暗くなりかけでそろそろ退散。

帰りは鎌倉駅の駅前スパイラルにてソーセージ食べる私ら。
夏はモヒートだねえ。

あんまり音楽ライブには行かない私ですが
少しでもライブの雰囲気味わえてよかったです。
海の近くで、海風感じながらお酒呑んで屋外でライブってなんて贅沢なんだろ。
チケット(普通に買ったら8000yen位するらしい;)を譲って下さった方に感謝。

さて、あと夏はどこにいこう?

鶏を解体してビリヤニを作ろうの会

※鶏を捌く写真を載せているので、人により(血などに弱い方)閲覧注意です。

こんにちは〜。
アップするのが遅れてしまった。

こないだ入間市の友達のホームパーティの前日に
日本ビリヤニ協会主催の「鶏を解体してビリヤニを作ろうの会」が開催されました。

日本ビリヤニ協会なんてものが日本に存在したのか....笑
友達でビリヤニ大好きな女の子がいるのですが、ビリヤニ会長とその子は知り合いでした。
(笑やはり、と言ったところか。)
インドカレー仲間とも共通の友達がいたし、旅つながりの友達もいました。
なんつーか、カレー業界とビリヤニ業界、旅業界、なんでも狭いなー。
てかまあビリヤニってインド料理ですもんね。

さて。ビリヤニとは数種類のマサラと米(バスマティライス)、
鶏肉や魚などの食材を一緒に炊き込んだパキスタンやインドで発展を遂げた食べ物。
とかいいつつ私もそこまで詳しくありませんが。

今日は生きた廃鶏五匹をシメて焼いたり、炊き込む予定。
いつもアジアを旅行する時は市場を必ず覗かせてもらう私なのですが、
きちんと順を追って生き物がどう食材に姿を変えていくのかを見た事はなく。
毎日肉や魚を自分の身体に取り込んでるのにそれはおかしいだろうと。

是非見てみたい、と友達のお誘いで参加してきました。

場所は新木場から車で向かうキャンプ場。
新木場、とおっ。笑

小雨の降る中みんなでテントを設置。

今日の主賓、廃鶏さんたち。

日本ビリヤニ協会のまな板。

ジビエマスターの石崎さん。
首にナイフをいれる時の鶏の持ち方を教えてくれます。

やりたかったのですがやりたい方多数だったのでじゃんけんしたら負けました。くそう...

みんな興味津々。

羽を持ち、首をぐるっと回し、気道を外して血管にナイフをいれます。
「(この先に)いいことあるよー」という感じで向こう側(?)へ誘います。
こちらも慣れていれば鶏もリラックスしたまま逝けるので
柔らかい美味しいお肉になるそうです。
(でもなかなか最初は難しい....)

クッキーの生地作りもこちらが力入ってるとよくない、とどこかで聞きました。
とにかくリラックスが基本。

首にナイフが入りました。
血が抜けるまで逆さにしておきます。

鶏は五匹居るのでマスターの教えに従いつつ順々にやっていきます。

ぐつぐつ沸かしたお湯に鶏を沈めて羽を抜きやすくします。

こちらはビリヤニ。鶏の解体作業と同時進行で進めます。
ヨーグルト?とマサラを混ぜたもの。

茹でた鶏の羽をむしります。

こちらの鶏もお湯にぐいぐい沈めます。

みんなカメラを構え熱心に見つめます。

血を抜かれている間、静かに目を閉じる鶏さん。
神経は通っているけど痛みはそこまで感じないとのことです。
きっとうまい人がやればそれこそ眠るように逝くんだろうなあ。

羽がむしられてよく見る姿になった鶏さん。

左、ビリヤニ協会会長。ビリヤニ制作中。
右は東北ボランティアで出会ったこういちくん(料理人)

それぞれ解体作業をしていきます。
アキレス腱部分をとりのぞく作業。

まだ首にナイフをいれる工程も同時進行。

お湯につけるとこんなにすっぽりと羽が抜ける!!

台湾人のセイさんはお祝いごとでよく鶏を捌くとのことで、扱いが手慣れてる。

首にナイフをいれたまだあたたかい鶏を大切そうに抱っこするとしくん。

お湯につけてる時「プハッ!」と最後の断末魔的に息を吹き返す鶏さんもいます。
生命力ってすごい...

ザブザブ。
さすがジビエマスター、手際がいいです。

こちらも作業中。
こういちくんは料理人なのでさくさく作業していきます。

こんな感じに羽が外れます。

皆教えてもらいつつ作業。
すぽっと抜けた羽はまるで帽子のよう。

臓物も綺麗にトレイの上に。
黄緑のは砂肝を開いたところ。
中に砂やワラやいらないものが詰まっている器官。

パーツごとに。

これから炊き込まれるビリヤニに投入。

まぜまぜ。

湯がいた米をビリヤニの壷に移す会長。

綺麗に並べられた食材(に姿を変えた鶏さんたち)

小麦粉を水と練ったもので壷とフタの間を埋めます。

どれがどの器官だ....

ここには写真ないですが、内蔵の詰まっていた鶏の身体の中に手をいれたら
あったかかったので(当たり前のことなんですが)びっくりしてしまいました。

と、ここでお腹が空きすぎてとしくんと馬跳びするフリしながら
キャンプ場の入り口まで出て行って、アイスを食べました。(おい!)
だって昼から開始して四時間位何も食べずで作業してて....笑

作業場に戻ると会長が炊きあがったビリヤニを配ってました。
わーい!いいにおい!(たいして作業してないくせに....;)

鶏もも肉もいい感じに焼かれて。

これが炊きあがった黄金のビリヤニ!!
会長も「今日のは美味しいな」と言うくらいの出来。

ビールやお茶と共に皆で頂きます。
うま〜い。

綺麗に食べたね〜。

多めにあったビリヤニもこの通り。
美味しく頂きました!!

最後は皆で片付けして、一本締めならぬ「ビリ締め」で終了。

いやー、捌いて調理して、五時間位?の盛りだくさんなイベントでした。
目の前でみるみる姿を変えて行く鶏に少し腰がひけつつも、
とっても貴重な体験が出来ました。
こういうの小学生とかにも見せた方がいいよね。
パックに入った魚やお肉じゃ、どこから運ばれてきたのかわからない。

これからはより実感をもって、食材に感謝の気持ちを込めて
「(命を)いただきます」と言おうと思います。

それにしてもトルコとかには「いただきます」に相当する言葉がないのね....
「召し上がれ」とかはあるけど。仏教の国日本独自の言葉?

皆さんお疲れ様でした〜!

入間市で昼から呑む

こんにちは〜。
雨降りかと思ったけどカンカンに晴れた2012/6/17の日曜、
Tくんのうちで昼間から呑む会(彼曰く「ホームパーティー」と言い張るけど笑)
が開催されました。

今回の参加者は主に震災のボランティア関係で出会った人達(でない人も居るけど)
なのでみんな年齢性別出身地もバラバラです。
でもそれぞれが皆素敵であったかくて、いい人たちなんだよなあ〜。

震災は絶対に起こっちゃいけないことだったけど、ボランティアに行く事が
前よりは少なくなった今、未だにこうして良い出会いをもたらしてくれています。

さて初上陸・入間市駅。

おうちの周りにおしゃれな雑貨屋さんやカフェがあったので散策してきました。


今回の呑み会の看板を描くしーちゃん(21歳学生さん)

昼からシャンパンなんだぜえ。
(実は前日から呑んでるんですが私はこの時点で二日酔い。え?バカなの?)

ゆるく飲み会開始。

男子みんなやたら仲いいのでこんないかがわしい看板まで作られてしまいました。
仲がいいのはいいことだー。笑

主催者Tくんの作った鹿のシチュー。

バーベキューコンロの設置。

Tくん制作のシチュー、パテ、さくらんぼのジャム。

おいしかった!
フランスパンもこんがりで。


台湾人の友達が本場仕込みの餃子作ってくれました。
具に人参が入ってるのがネパールのモモを彷彿とさせます。
焼き餃子の形に包んでたら注意されましたが。笑
茹でと焼きだと違うみたい。美味しかった!

ビールサーバー借りてのビール呑み。みんな良い顔してんな!

ゆでる前のそれぞれ個性のあるバラバラ餃子。

アスパラガスのスープとか、ピクルスとか。
Tくんどんだけ料理できんのさ....

みんなそれぞれだらだら好きに過ごしてます。

料理男子

二日酔いなのでほとんど呑めずの私。(バカなの?)

と、ここでそろそろ帰ることに。用事思い出した。笑

美味しい料理とお酒、ゆるくて心地よい空気、素敵な時間をありがと〜!
みんないい人ばっかだった。笑

入間から地元鎌倉まで下手すると二時間半位かかります。とおっ。
何線に乗ったかもよくわからず、気付いたら渋谷に着いてた....ってどんなやねん。
猫バス的な?
(飲み会で会ったかわいこちゃんと意気投合して会話に熱が入り過ぎたのが原因かと。)

充実した土日でしたー。

ブックカーニバル in カマクラ&乱材祭

こんにちは〜。
あったくなってきた鎌倉、毎週のように楽しい事あります。ワクワク

ということで行って参りました6/10(日)ブックカーニバル in カマクラ

これはBooks mobloさん主催のいわゆる古本一箱市。
でも雑貨やご自分の描かれた本を販売してる人もいらっしゃいましたねー。

場所は由比ケ公会堂。家からチャリで向かいます。

古い建物がいいかんじ。
鎌倉に住んで20年経ちますがここに入ったのは初めてかも....。
てか借りられるんだ、ここ。

主催のBooks mobleオーナーさん。玄関にて靴をいれる袋をくれました。
(一度お店に伺ったときにご挨拶させて頂きました)

なんだか懐かしくなる下駄箱のある玄関。

写真など貼ってある階段。

旗がカーニバルっぽさを出していていいかんじです。

上から

ポスターなど

中は大盛況!
各スペースの机の上には出店者さんが愛したこだわりの本や雑貨たちが。

処狭しとスペースが配置され、皆さん熱心に本を選んでらっしゃいます。

今回のメインビジュアルを担当されたイラストレーターのマルシェルさん
イラストがそこここに。
世界観がすてき!

足の踏み場もぎりぎり
そしてすごい熱気!笑

本好きでなくてもそうでなくても出店者さんとお客さんの距離が近いので
知らず知らず話が弾みます。

マルシェルさん作の看板やポスター。

トイレにも....かわい〜〜!

小カーニバルでは朗読会が行われていました。
この後ヨガだったので拝聴叶わず。
聴きたかった....

右の時計は今は動いていないそうですがかなりの年代物とお見受けした。

少しだけしかいられませんでしたが、本を求めてやってきた方々の
静かだけど燃える情熱が伝わってきました。
だって会場の中熱気むんむんだったもんね。

出店者さんは一つの限られたスペースの上で自分の世界(お店)を
表現していくわけですが、
皆さんそれぞれ個性があっていわゆる小宇宙のような感じでした。
歴史のある街鎌倉、こういう古本市みたいのが似合いますね。
面白いなあ。

さてここから私はチャリでヨガに行き(後日お尻が筋肉痛になりましたわ...)
その後は材木座海岸で開催されてる乱材祭に行ってきました。

祖母のうちにチャリを置かせてもらいカメラだけを持って浜辺へ。

あっ、まさに今御神輿が入水してる!ここ一番盛り上がるとこじゃない??笑
でも今日ズームがきくカメラじゃない!これが限界!笑

雲の切れ目から神々しい光がさしてました。

海から御神輿があがりました....やっと近づくことが出来ました。

荒々しい男共に担がれる神輿。

それにしても神輿を担ぐ、いかつい刺青の入った方々はどこからやってくるの?
あとそこはかとなくただよう古き香りのするヤンキー姉ちゃんとかも...

本物の神主さんなのか、神主スタイルなだけなのか、神主神輿もありました。
こちらも海からあがり、神社に戻ります(多分)

笹。

わっしょいわっしょい。

じぐざくに商店街を進みます。
前にいた女性が「なんかこれだけ見ると酩酊状態みたいだね」とか
なんとか言ってました。酔っぱらってはいないだろう。笑

この人ごみの中、鎌倉仲間にも遭遇。おお!みんな見に来てんだねえ。

さていいとこ見たのでそろそろ退散。

いい感じの路地。

祖母のうちの幸多くん。甘えん坊で、ものすごく優しい良い子です。

あんまり鎌倉にいてもお祭りとか参加したことなかったんですが今日は
見られてよかったです。

新しいイベント、古い歴史のあるイベント(お祭り)がそこここで
日々開催されてる鎌倉。
7/25には鎌倉の花火も開催されるそうです。

これから来る季節も鎌倉でのイベントから目が離せませんね^^楽しみです。

おしょうとヤマトのワークショップin高円寺

こんにちは〜。

小雨がしとしと降りそぼる5/22、高円寺の旅カフェ「cafe & Bar smile Earth」にて
「おしょうとヤマトのワークショップ」が開催されました。

このワークショップはカメラ初心者を対象に行われた
「知ってるようで知らないカメラの基礎を学ぼう!」という内容のもの。

たしかに、写真は好きだけど私基礎すっとばしてるのよね〜。
(昔ちょっと撮影の仕事してる人に教えてもらった位で)
個人のセンスは基礎を学んだ上でのっけていくものだと思うので。
(て、なんか知ったようなこと言ってるけど。笑)

講師は和尚でもあり(家がお寺らしい...資格あり)、ウェティングカメラマンでもあり、
カメラ講師(個人レッスンなど)でもあり、
なおかつ旅カメラマンでもある和気徹也先生開催のもと行われました。

ちなみに和気くんに出会ったのは旅仲間のみさきさん(のシェアハウスオープニングパーティ)
つながりで。

当日はしょっぱなから先生自身が遅刻するという事件が発生するものの(笑)
始終なごやかムードの中ワークショップは行われました。

というわけで少ない
写真だけど(かつ新しいカメラでの試し撮り写真だけど)載せていきま〜す

和気くん(左)も同じPENTAXユーザーということで色々アドバイス貰いましたわ。
というわけでアドバイスを元にニューカメラを購入。
最近はいいカメラが安いね〜。

初心者には優しい内容。
そこまで難しいことはやりませんが、一人一人丁寧に教えて貰えます。

和気先生。新しいカメラはズームもきくぜ。こんなに近くで撮れるんだぜ。

みよこの皆の真剣な表情。

一番左にいるのはカフェの店主さん。
ご夫婦で二年間世界一周したのち、このカフェを立ち上げたそう。
こんな高円寺に...いいね〜。高円寺いいね〜。中央線沿い大好き。

店内には旅写真がちらほら。
ちなみにこのお店では展示も出来るそうです(ただし条件アリでしたが)

みんなにわかり易いように試し撮りする和気くん

二時間ほどの内容でした〜。
終わったあとはみんなでおしゃべり。
和気くんモテます。生徒さんから一緒に写真撮ってーとせがまれてました。笑

いや〜、わかんない部分も聞けたし
(でもそこまでいつもやってることとかけ離れてなくて安心した)行ってよかったです。

また次回もあるみたいなので、
皆さんもカメラに関する質問があるとき、もっと写真がうまくなりたい時に
参加してみてね〜。
参加費はワンドリンク付き(カクテルもあり)で2500円。

和気くん(男前)とヤマトさん(デッサン人形)のサイトはこちらから。
異国で撮影したコマ撮りアニメがすごい。笑
wake tetsuya official web site


北鎌倉で音と食のイベント!「ミチル」

こんにちはー、
先日4/8日、北鎌倉でのイベント「ミチル」にお邪魔しました。

鎌倉のSUGATAでヴィンヤサヨガ受けたあとに。ヴィンヤサおすすめです。ハイ。
(イシュタヨガを習っていた方からするとチャレンジポーズばっからしいですが...)

場所は北鎌倉駅にほど近い浄智寺。
北鎌倉からてくてく歩いて向かいます。

こんなところでー。

「ココロとカラダが”満ちる”一日 ミチル」
おっ、あったこれこれ。

前売りを持って石段を上がると....

おっ、皆いたいた。
それにしてもなかなか冷える夕刻。みんなー寒くないかー?!

このイベントの主催は鎌倉でお店を営む方々と、
鎌倉のフリーペーパー「KAMAKURA」を制作するchameleonのメンバー。

みんな仕事や学生だったりのメンバーが作るフリーペーパー「KAMAKURA」は
ほんとハイクオリティでおしゃれで素敵なフリペです。
運がよければ鎌倉のどこかで手にいれることができるかも...

中に入ると。
お堂でライブ。ひょえ〜。
透明感のある女性ボーカルの声が自然の中に溶け込みます。

みんな静かに聞いてます。

何組かアーティストが演奏した模様。

食のブースには女川カレーも出店。
女川にご一緒させて頂いたちきゅうの子22の蓮見さんが奥で作業中。
なんとカレーその他食べ物は13時頃、殆ど売り切れてしまったそうで...
て、12時OPENなのに!
嬉しいことにイベント自体は大盛況だった模様です。
完全に出遅れたね。はっは(はっはじゃねえ)

そのあと鎌倉仲間と会社とか、今後の将来について語り合ったり(笑)
かくに茶響のシナモンの味のするお茶飲んだりして過ごしました。

聞く所によると浄智寺では音のイベントはちょいちょいやってるそうです。
(行った事はないのですが)
でもこういう静謐な雰囲気の場所で行われるイベントって
ちょっと変わってていいですね〜。
都内でのライブとかもいいんですが、うるさすぎず、
子供も大人も楽しめる鎌倉ならではのイベントという感じがして良かったです。

それにしても出遅れたわー。
色々食べたかったなー(やっぱ食かー!)

来年に期待!!

帰りに鎌倉駅前で見た、なんてことない場所の桜。春の桜って無条件に綺麗!

花見だ、花見だ

わ〜い。みなさまこんにちは。

このところずいぶん暖かくなりましたねー!!
これでやっと鉄鎧(という名の冬用コート)を脱ぎ捨てられる〜!!
夜はちょっと冷え込む日もあるものの、嬉しいことに変わりはありません。
もう嬉しくて色々すっ飛ばして半袖になって海に飛び出していきたい気持ちですが、
(ヒヤッホウ)去年の震災での春の混乱を考えると、今年は春をじっくりと
楽しみたい気持ちです。

そんなこんなで桜といえばー、イベントの季節!!
うひゃひゃひゃ!!!(反復横跳びをしながら)

今年もお邪魔してきました色々と!!
写真もそんなにないのでまとめて書いちゃおう。

先日の4/7、代々木公園にて毎年恒例の旅人お花見が開催されました。
毎年主催して下さっているのは「世界一周デート」のトモさんエリさんご夫婦。
このお二方は「してみたい!世界一周」という本を読んでから、
本の中でインタビューされている「放浪乙女」(サイト)の
作者・野ぎくさんを通じてお知り合いになりました。

何を隠そうではないですが、そもそも私の世界一周の夢は
トモエリ夫妻の本と、野ぎくさんとの出会いがきっかけです。
このお二人と直接お会いするまでに色んな経緯がありましたが、
会いたい人や憧れてる人には会えるもんなんですねえ....
不思議な縁だ。というか、旅人業界はほんとにせまい!

トモエリ夫妻、野ぎくさんは今でも現役バックパッカーであり、
トークショーや執筆、本出版などの分野で活躍されています。
サイト、ほんと読みごたえはんぱないので是非!

トモエリ夫妻のサイト「世界一周デート」
野ぎくさんのサイト「放浪乙女」

それにしても7日はお花見ピークの日であった....
トイレは100人位並んでるし、桜というより人を見に行った感じ。
思わずイベントにおけるトイレビジネスを考えてしまったよ....

旅人お花見。しかも目印はタルチョだった。素敵。笑
なんか作家さんが多かったなあ。
おしゃれパッカー、作家のとまこさん
鎌倉在住の旅音さんも(鎌倉でご近所なのにここでお会いするとは...)
色々お話聞きたかったなー。

旅音さんは「南米スイッチ」「インドホリック」などの旅本を出版されてて、
かつインドの山奥バシシトなんてレアな場所に行ってる旅人さんなので
尚更お話伺いたかった!

そのあとはそそくさと退散。三軒茶屋に向かいます。
世界一周アクティブ女子のみさきさんが友達とシェアハウスを始めたそうなので
そのオープニング?パーティ。お披露目的な。

場所は三軒茶屋から8分ほどのブルーの建物。
よくこんなところに物件見つけたなあ!!すごい^^
なーんか色んな人がいた。すごい人口密度。笑
昼間っから色んな友達がとっかえひっかえ訪ねてきてるらしい。笑
今年新卒のルーキーがたくさん!フレッシュー!
しかもみんな性格のいい明るい子ばっかだった....
なんなの...世界なんなの....

ホットプレート一枚分のお好み焼き。
私は返しを担当しましたが、まあ成功したよね。(偉そう)

家主のお三方。(ほんとはあと二人いる)
真ん中のアクティブ女子みさきさんはなんか色々やらかしてくれる予定だぜ。
いい仲間が見つかると、シェアって楽しいですよね。

この日は桜も見られたし、人にも会えたしほんといい一日でした。
ヨガの先生が言うには、桜ってすごくいいパワーを発してるそうなんですが、
でも人から貰うパワーって、唯一無二のパワーだと思います。
皆さん本を出版されてたり、新卒で新たな生活に向けて頑張ろうとしてたり、
前向きないい気が貰えたような気がします。

私も心機一転頑張るぞ〜。
仕事辞めたしね。あ、それも今度書こう。

ブリ★ナイト

こんにちはー!

二月はブリが一番美味しい季節!とのことで、LOMの皆と
旬のブリを食べる会「ブリ★ナイト」を開催しました!!

一応声かけたのは私なんですが、美味しい鮮魚を安く手配&調理をしてくれたのは
ハイパー大学生宣也さん。(私なんもしてない。笑)

宣也さんは筑波大学の学生さんなんですが東北の雄勝のお神輿修復したり、
お神輿を操ったり、イノシシ解体したり、調理したり、
一体何者なの…?どんだけマルチプレイヤーなの...?と会うたび不思議に思う人(笑)


場所は飯田橋のLOMメンバーのおうち。
作業してるのは宣也さん。


かつら剥きからの〜


綺麗なツマ!
ツマって買うものじゃないのねー!完全に出る幕がありまへん!笑


他の魚と骨格がちょっと違うブリはさばくのが難しいとのこと。
でもさくさくっと見事にさばいていきます!
す、すごい;


みるみる食べられる状態に。おみごとー!


綺麗にお皿に盛られて行くブリさん。

ここで醤油をちょちょっとつけて味見させて
貰いましたが……

か、ん、ぶ、り、うまーっ!!!

旬の!ブリって!
こんなに美味しいのーっ!!!

感動しました。
生臭さゼロ。


そこで酢飯の準備完了!けっこーな量です。笑


さらにほたて貝と牡蠣の出汁がしっかりきいたお味噌汁も!
とってもいい香り。


美味しい!海苔もはいってるー。


味見しつつ黙々とお魚を華麗に調理してく宣也さん。

ちなみに後ろでは皆が鮮魚の美味しさに悶絶してます。


刺身を食べながら、皆で寿司にぎり。


にぎにぎ
みんな上手だねえ。


お寿司の中に王蟲みたいな形のもありましたが(笑)
もれなく美味しい!


握っては食べ、握っては食べしてる合間にも綺麗なお刺身盛り合わせが!!
これお店で食べたらおいくら万円なのー!(笑)


土鍋で炊いたお米も!


さらに新しいお魚料理が〜!


からーり。身が柔らかい!


徐々に人が増え、20人!
持ち込んだ日本酒とその他お酒と美味しい料理で皆上機嫌。


今回美味しく頂いたブリ。(のお頭。)
ほんと立派なブリだった。ありがとう、ブリさん。


その後は誕生日の三人をお祝いしたり。


誕生日の一人、はつらつ明るいはっちゃん。
おめでとう!就活頑張ってね!


豪華ケーキ。


ケーキ登場したけどさらにさらにお寿司(笑)


さらにブリしゃぶ!どんどん出てくるよー。

これが美味しかったー!
なんかもう…今年の魚部門ナンバーワンです。(笑)


締めはおじや。
海の恵みの味がする〜!

なんかもう…めっちゃ食べた。
美味しい〜!としか言ってなかった気がする(笑)
実はそこまでお刺身好きじゃなかったんですが、
今回のブリナイトで生魚の概念変わりました。

そしてやはり美味しいものは美味しいけど、旬のものって改めて最高に美味ですね。

なんだか自分の子供とかには出来れば本当に美味しいものでも
できれば旬の時期に食べさせたいですねー。
日本にはこんな美味しいものがあるんだと。

これは海外の友達が日本に遊びに来る時は
出来れば日本のベストシーズンに観光して欲しい…というのに似てるかも。
似てるか?いや違うか。(笑)

とにかく食材調達&調理してくれた宣也さん、
場所提供してくれたごうしくん、くにちゃん、来てくれた皆、
本当にありがとうございました!

美味しいものを食べながら、
美味しいお酒を呑みながらみんなで騒ぐ、って最高の幸せですね〜。
生きててよかったよー。

素敵な夜でした。

| 1/3PAGES | >>

PROFILE
絵・旅行大好きイラストレーター。
鎌倉と都内をうろうろ。
話しかけてね。


LINKS

ウチヤマヒロミサイト「soi」

ぶらぶらインド四ヶ月の記録「ぶらぶらインド」

著書「ぶらぶらインド四ヶ月」販売サイト


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM