お出かけします

こんにちは〜。

えーと突然ですが今日2012年11月1日からアジア放浪の旅に出ます。
世界一周というか五大陸をぶらぶらする旅に。

一時帰国は来年の6月末の予定なので一度こちらのブログから
【ウチヤマヒロミのぶら世界】のブログに移動して書いていく予定なので
よろしかったら引き続きご覧下さい!
旅での出来事は基本こちらの方に書こうかと。

それにしてもここのブログ(きちんと書き始めたのは最近だけど)
けっこう長く使っていたのでなんだか感慨深いですね〜。

相変らず旅前はバタバタですが、行ってきます!!
(大きい荷物だ...!部屋もごちゃごちゃだし...!←それはいつも。)


ではこちらでお会いしましょう!!

インドVISAセンターで、ウチヤマヒロミが、出会った〜

こんにちは〜。

10/29(月)に茗荷谷のインドビザセンターにビザ取得しに行ったんですが、
なんだか何かに引き寄せられたとしか思えない不思議な出会いがあって。

カウンターで書類の再記入してたらkさんに「一瞬ペン借りていいですか?」と聞かれ
そこから会話が始まり、そこで私の書類もチェックして貰っちゃったりして。笑

出会ったのはkさんという女性。

窓口のインド人のお兄さんと流暢な英語でやりとりしてるなー、と思っていたのですが
なんと彼女、世界放浪→イギリスに6年在住→今は日本でイベント事業の会社にいる
パワフルで笑顔が素敵な私より二つ年上の女性でした。
「あ〜!海外にこういう女性いるいるー!」っていう感じの
すごくオープンマインドな印象の方。
そのまま意気投合して駅前のインドカレー店でお昼ご一緒しました笑
ノリが合う人ってがちっとハマると仲良くなるの早いよね〜。

インドになんの目的で行くのとか、身の上話とか、カレー食べながら雑談。
kさんは親友の結婚式の為に渡印するとか)
Kさんは自分が居心地よく自分らしくいられる場所を探して色んな国を旅したんだそう。
今は帰国子女やらワールドワイドな視点を持つ人が多い
イベント事業の会社に勤めているんだそうです。
(まとめると、とても自由な会社!うらやましい!
Kさんはむしろ日本ぽくない今の会社じゃないと無理だって言ってましたが....笑)

そんなkさん曰く。
(短い時間の中色々話しましたが覚えてることをつらつら書いて行きます)

「私は26まで遊んでいたけどその体験が今すごく活きてる。
今の仕事も昔海外にいた時に出来たつながりでやれているから。

人生に無駄なことなんて一つもない、
だからひろちゃん(私)も好きな事は全部やった方がいいよ。

自分に嘘をついてはダメ。
本当に自分のやりたいことをやっていけば自ずと見えてくるし、ついてくるから。
(その行動にふさわしい仲間もついてくる)

ただ自分のしたことは自己責任だけどね。

あとね、すごく思うんだけどお墓参りはした方がいいよ。
イギリスから帰国した時期に父を亡くしてるんだけど、今父が守ってくれてるって思う。
父の存在を近くに感じる。
(でもきっと近しい方が亡くなって、娘のKさんがそう感じるんだから
その感覚は本当なんだろうなあ)
ご先祖様は大切だよ。

多分ひろちゃんはやりたいこと見つかるし、出来るし、きっと大丈夫だよ。
楽しい旅をしてきてね。」

ざっとですがこんな話をしてくれました。

あと
「自分のしたことは自己責任だから」については、
これはいつも私自身も思っていることで、
当たり前ですが自分が起こしたことは全部自分の責任。
今の自分が気に入らないんだったら過去の自分が起こした行動の結果が今に出ている。
逆もそう。

だからこそ自分に嘘をつかないで自分のやりたいことをやらなければいけない。

かなさんはすごくオープンマインドな方で、私もそれにつられて
(いや、相乗効果かも)色々相談したり、話してしまったり。

私がいつもうっすら思っている事を
私はきっと誰かから言われたかったのかもしれません。
自分で思っているのと誰かに言われるのって全然違うので。

よく引き寄せの法則って言うけど、Kさんはそれをごく普通に意識せずに
実行しているように思えました。

自分の頭でイメージすれば必ずそうなる。
悪いイメージや想像もそう。
強くイメージすると良い事も悪い事も実現してしまうから。
ちょっとスピリチュアルな考えかもしれないけど、
でも人のイメージする力って本当に偉大。
段々年齢を重ねるにつれて強くそう思うようになりました。

だからこうなりたい、こうしたい、と思うことは何かを実現する為にはすごく大切。
強くイメージすればいつか実現するから。

私自身もそう自分に言い聞かせて。

Kさん、一体あなたは何者なんだ?!(気のいいパワフルなお姉さんでしたが!笑)
長期の旅の前にびっくり&嬉しい&不思議な出会いでした。
帰国したらKさんと神宮前のカフェでイベントやる約束もしましたよ〜。笑

あー、イベントやりたい!!
Kさん、ありがとうございました。
(話した内容がちょっと違っていたらつっこんでください....;m(.  .)m)

その時食べたカレー。辛口にしたら夜お腹の中でマサラが暴れて大変なことに...!

9年半一緒に暮らした愛猫の「とび」が死去しました

生前のとび(亡くなる二ヶ月程前)

2012年10月3日、9年半一緒に暮らした愛猫の「とび」が死去しました。

(私事なので興味ない方は飛ばして下さいね。)

今週のことなので気持ちの整理もついていませんが
今までとびを知っていて下さった方、可愛がって下さった方に
お知らせしたかったので書かせて頂きます。

今週火曜、ぐったりとして調子が悪くなり翌日の水曜に亡くなりました。
獣医さんの話によると、心臓は問題なく、腎臓と肝臓が悪くなっていたそうです。
多分ですが、数年前に尿路結石になった時から猫の二大疾患と言われる腎不全が
ゆるやかに進行していたのではないかと思います(あくまで予想です)

正直、9年半という猫にしては短い生涯を送らせてしまったことを
飼い主として後悔しています。
話が出来ないからこそもっときちんとみてあげなきゃいけなかったのに。
もう今となっては遅いんですけど。

とびは元々捨て猫でした。
獣医さんに保護されていたところを、姉が貰ってきた猫でした。
当時私は大学生で、仔猫のとびをこんな可愛い生き物が世の中に存在するのかと
思ったほどでした。
やんちゃでカーテンにどんどんよじのぼって行く幼年期、
ヒモをおいかけ遊び回る若年期、
そして落ち着いてきて段々人間みたいになってきたここ最近。

家族内で口喧嘩が起きたときもそれを諌めるようにニャーニャーと鳴いたり、
母が病気で入院する直前、台所で倒れ込む母の腰を暖めるように
寄り添ってくれたり、
涙を流す場面ではいつも心配そうにそばにいてくれたり。
私自身10代後半から30代手前まで一緒に過ごした約10年、お正月、夏休み、
大晦日、家族の集まる楽しい記憶に残る行事には
必ず横にちょこんと座っていてくれました。
(もちろん私が居ないときもありましたが。)

私がインドに単身四ヶ月バックパッカー旅行をした時も
全くホームシックにかかった意識なんて無く帰国したのですが
自宅のドアを開けたら玄関でとびが出迎えてくれて、
彼を見たらなぜか理由もなく涙がどっと溢れたことなどを思い出します。

でも(でも、というのは私の勝手ですが)仔猫の時から彼が逝ってしまうまで
目一杯これ以上ない位の愛情をかけていたので
そこに悔いはないことだけが救いです。

毎日ひなたぼっこして、母に抱っこされて、たまにおやつ貰って。
元気に遊んで、父にブラシして貰って。夜は家族と寝て。
お気に入りの場所があって。

今は本当に悲しいですが、長いようで短い九年半、
彼が幸せだと感じていてくれたら本当に嬉しいなあと思います。

とび本当にありがとうー、楽しかったよー。

ちょっと時間はかかりますが、前向いて行こうと思います。
うちに遊びに来てとびを撫でて下さった方、
とびのことを知って下さっていた方、読んでくださった方、
本当にありがとうございました。




29歳になりました

9月29日に29歳の誕生日に肉(29=ニク)を食べる。完璧。
(こないだ大切な友達が結婚したのでその内祝いに美味しすぎる宮崎牛を頂いたのです。
ごちそうさまでしたーっ!)

こんにちは。
先日の9/29(土)に29歳になりました。

うわあああ速いーっ!時の流れは速いーっ!
28になった位から「あ、気付けば28。私も年とるんだなー」と
感じ始めてましたがもう30手前ですねえ。
(当たり前だろ!←自分だけは死なないと思ってるタイプ!やらしい!笑)

よく30手前の女性は「アラサー」とネタにされますが割と落ち着いてる自分。
あ、でも仲いい子はアラサー女性に「アラサーっ!」って事実を述べてもいいけど
仲良くなかったら石投げられるかんね。そこんとこ覚えとけよー(誰に言ってるんだ)

いやはや。前置きが長くなりましたが、
沢山の方からお祝いメッセージを頂きまして恐縮やら嬉しいやら。
本当にありがとうございます。
あー、29年も生きてこられてほんとにありがたいな。
いつも構ってくれる周りの方々、友達、家族、全ての方に感謝です。
ブログを見て下さっている方も、ありがとうございます。

28歳は退職、決断、出会い、そして旅に向けての準備の年でした。
28になってからすぐ東北のボランティアに行くようになり、
今迄とはまた違うジャンルの魅力的な人達との出会いもぐっと増えました。
一生付き合っていきたいと思える人々にも沢山出会えました。
東北支援方面で関わって下さった方々に感謝です。

今年の1月位に会社を辞めようと思い立ち、
退職してからは自分の計画と調査が足りないせいで
思うように物事が進まない時もありましたが、
その反面思いがけぬ出会いもありました。
(なので後悔はしない!だが後悔すべきは自分の実行力のなさ....。29歳の課題です。)

29歳は、「飛躍の年にする(←これ毎年言ってる;)」というよりは
20代最後の年、自分の好きなことを思い切りやる、後悔のない年にしたいと思います。

大企業に勤めている訳でもないし、キャリアも仕事もないし周りに甘えまくりですが
どこにいても私らしく生きることだけは忘れずにいたいと思います。

29歳の幕開け?として11月にアジアから旅をスタートさせます。
ただ遊ぶだけではなく、30代でのライフワークをみつけてそれにつながる旅に
するつもりです。

29歳は
・後悔しない日々を送る、好きなことを思いきりやる
・自己管理能力、自己プロデュース能力を身につける
・常に新たな出会いを。行動範囲を広げていく
・ヨガ続ける。今まで通り心地いい身体作りを目指す
(身体を鍛える、続ける大切さを前にも増してひしひしと感じる。
ヨガを始めて今が人生で一番健康な気がする。)
・前向きに、明るく。自分の周りの人位は笑顔にしたい、笑わせたい
・もうちょっと他の人がわかりやすく会話できるようになったらいいね

まー相変らずどうしようもない感じですが「なんかウチヤマがまたやってんなあ」と
あたたかく見守って頂けますと嬉しいです。
29歳のウチヤマもよろしくお願い致します。

※写真は誕生日の日に好きな人が手料理ふるまってくれた時のもの。
え、なんなの?あたい今人生のピークなの?死ぬの?あたい明日死ぬの?
って位不安になりましたが2、3日経っても生きてるからだいじょぶみたいね。
(幸せな時ほど最悪な状況が脳裏を横切る、ってね。←「ってね」じゃねえ)
あ、姉にも素敵なシャツ頂きました〜〜あたい感激〜〜!!

以上、29歳のご報告でした(?)
読んで下さりありがとうございました!!

春は出会いの....

どうもー。こんにちは。

そろそろ春かと思いきやまだ思わせぶりな気温差を痛感しておりますウチヤマです。
朝、さみーよっ!
かと思えば、走ると背中を汗がツー、とつたう季節にはなりましたね。(私だけ?)
早くあったかくならないかなあ。

春は出会いの季節、といいますが。
今月は別ればかりです。

成人すると、精神的な別れの方が増えてきませんか。
小中〜まで位は物理的な別れが学期ごとにありましたが。
そりゃ旅に出れば自分はそこの土地を撫でるように過ぎ去っていくだけの存在で、
出会いと別れの連続ですが、こうして大事な人たちが遠くに行ってしまうのは、
また全然違う感覚です。
大人になったからといって物理的な別れに強くなるってこともないんだね。

先日、大学の大切な同期の送別会がありました。
出会った時から天真爛漫、優しくて明るくて、いつも人のことばかり気にかけて、
誰からも太陽のよう、と形容される本当に素敵な女の子。

大学時代に自分のことが好きになれなかった私に大事な言葉をくれた友達です。
もちろん私は今でもダメダメな部分はあるにしろ、
気付けば一人で海外も出歩けるようにもなりました。
今ではコンプレックスとかどうでもいい位今では自分のことが好きになれました。
周りの方たちのおかげで今の自分が形成され、
そのプラスの要素の一つに彼女の存在があると信じてます。

そんな彼女の送別会。
といっても彼女は結婚して宮崎に引っ越す&今月誕生日...だったので
「結婚&誕生日おめでとう!新たな門出おめでとう!」
な、彼女を想う人たちが総勢40人近く集まった賑やかな会になりました。
大学同期も沢山来てて、同窓会チックな雰囲気で嬉しくなってしまいました。
やっぱり好きだわ、大学友達。
普段皆忙しくてなかなか会えないのでこういう場は貴重です。

送別会の様子を少し。場所は三軒茶屋駅から歩いて10分ほどの地下のカフェ。

中東系のカフェ?のせいかサバサンドが出たよ。
ドリンクはキャッシュオン。

中に入ると主役のちゃこの高校仲間がヴァイオリンを!

主役のちゃこ到着。
ただ「送別会やるからねー」とだけ聞いてたらしく、めちゃくちゃ驚いてました。笑

みんなと、かんぱーい。

右が主役のちゃこ。何度元気貰ったか。ほんとええ子なんですわ...。

ちゃこの高校仲間の女の子がガチンコのお医者さんだそうで、
学会発表?のノリで「結婚することへの意義」をプレゼンしてくれました。
なんか芸術学部(私らサイド)とかだったら昔の写真とかで動画を
作るんだろうけど、それとは全く違うアプローチで笑えました!
しかもほんとのお医者さんてのがツボ。
普通に感心しながら聞いてしまったー。笑

そのあとはそれぞれ出し物発表みたいな感じで...

あ、これ大学友達。みんな大人になったなー。というかもうおっさんだね。
(おまえがいうな)
芸人だったり、脚本書いてたり、制作してたり。
みんな立派にそれぞれの道を進んでいます。

さらにヴァイオリン三人演奏も。

最後は鹿児島から関東に舞い戻ってきた大学同期のなおちゃんがウクレレで
加山雄三の「お嫁にこないか」を熱唱。というか皆で熱唱。
youtubeでこの曲聞いた時はなんか難しい曲やな〜と思ったんだけど
一度ここで歌ったら歌い終わる頃にはばっちり思い出の曲になってました。
でももいっかい歌えって言われたら難しいな....(オイ)

あー、なんか皆の彼女に対する愛がひしひしと感じられる本当にいい会でした。
宮崎に行っても彼女の太陽のようなパワーで周り明るく照らして欲しいです。

あとはもうひとつ、違う人との別れもありました。
その人とはこれからもっと話したいな、と思っていた矢先だったので
なんかものすごく切ない....。ここ一番の切なさ。

なんかもう、とてつもなく切ない。笑
そうそう生きてて切なくなる瞬間てあんまないですよね。
悲しいとかはあるけど、悲しいとはまた違う。

こうして感情という波が満ちたりひいたりして
これからの私と言う砂浜を形づくっていくのです...。

とかなんとか超ポエジーなこと言っても切ないもんは切ないんだよ!笑

切なくて笑えてくるわー。笑
何なんですかねー、多分全てはタイミングなんだろうなあ。
自分や相手に起こる全てのことはベストなタイミングなんだと思います。
そう思わないとやってけない。

でもまあ国内なのでね....。いつでも会いに行けるかな。

ぎゃーぎゃー言ってても仕方ないので、
目の前のやらなきゃいけないことも沢山あるし、
自分に起こること、全てを血と肉に変えていけたらと思います。

春だからね!
環境も大きく変わるし、前向いて行きましょう!

生きてます

こんにちはー。

そろそろ春の足音が聞こえはじめ…たようなそうでないようなそんな毎日。
ひとまず私は生きてます。

やろうとしていたことがなかなかスピード感を伴わずだったり、
まあ〜毎日寒かったり(これは仕方ない!)
仕事で色々考えることが多かったりで毎日ウンウン唸ってました。
会社がよう〜。生活がよう〜。

まあ最近なにしてたかっつーと、目の調子が悪いので眼科に行ったら
ドライアイ宣告され、「現代病やないかいー!」とのけぞっていたとこでした。
I am IT業界。わかりやすっ。

えー、なんだか目に乾燥による傷がいくつも出来てるらしいです。
どうりで夜になると目の周りがガンガン痛むわ痒いわゴロゴロするわ…。
手荒れして傷ができることあるけどそれをおんなじ現象なんだって。
あ、あと昔からですが逆さまつげの気があり、ちょっと抜いて貰いました。
細かいまつ毛を。ひぃい。

あとこないだ歯医者で「知覚過敏」とも言われ
診察台からずり落ちそうになりました(それは大げさ。)
知 覚 過 敏 て。

生葉(しょうよう・歯磨き粉)でも使うべきなんでしょうか?(泣笑)
(でも今調べたら生葉は歯槽膿漏を防止するんだって....)
生葉なんてポリグリップS位自分の人生に関係ない代物だと思ってたわ。
(ていうかポリグリップSはみがき粉じゃねーし。まだ入れ歯じゃねーし。)

知覚過敏の場所は歯ブラシで強くごしごししてはならぬのだそうです。
そーらそーだよねー。
でも全体的にソフトタッチで磨きすぎて全体的にちゃんと磨けなくて
どこかしら虫歯になりそう。あー、二次災害。

なんかもうドライアイだわ知覚過敏だわ最近鼻水止まらないわ
色々大惨事だわ私の顔面周辺....。
この開ききらない目とかやたらシンプルなフェイスも三次災害な気がして来たわ....。
なんつって。明るく生きようぜ!!
(まとまりきらないけど無理矢理まとめた。)

皆さんも長時間のパソコン作業、目を休めながら作業して下さいね!
ひとまずヒアルロン酸入りの目薬さしてますけど。
もうどうにもねー。生活病だからね。

あと最近というか先日はカリフォルニア出身のエドくんの
誕生日にお邪魔して来たり。(in 原宿)


可愛い飾り付け!


みんなでエド待ち。


主役登場!
だが用意されたパイから逃げるエド。(笑)


ああっ!
結局逃げきれず顔面にパイがアタック!
THE・海外ノリ(笑)ちょっと感動。


もはや寺山修司の世界(白塗り)。
なんだこの絵面。笑


その後はカンパイ(多国籍!)。


暗くなってからの…!


バースデーケーキも!!
しかも最初にしょぼいケーキが出て来て、...なんとその下の箱から豪華なケーキが!
と、一度落としてからのあげっぷりに感動(笑)


ダンス&パーティ大好きエド。
狂喜乱舞。


豪華なケーキ。とやっくん(お祭り男)

カリフォルニアの地を離れ遠く日本で働くエドにとって
誕生日にこんなに沢山の人にお祝いされることって
ほんとに嬉しいことなんじゃないかな…と
海外に住んだこともないし働いたことのない私ですが、
勝手に想像してしまいました。
エドのバックボーンとかを本人からきちんと聞いた事はないですが、
やはり異国の地で働くってのはすごいことだと思います。

しかもエドの仲間たちのサプライズ二本立ての心憎い演出!
優しい仲間たちに囲まれてエドは幸せものだなと。(お前は何様だ?)

いい場面に立ち会いました。
お誕生日おめでとう!エド!(関係ないけど同い年だった。)

悪友が亡くなってから思うこと

震災の来る直前、去年の二月末に友達が亡くなった。

私は先日友達づてで知った。
色々事情はあったにしろ、彼の死を一年もの間知らなかった。

ここに書くこと自体どうしようか考えたのだが、書こうと思う。
不謹慎なことも書くかもしれないが、
彼との私の関係性なら許されると思うので、あえて書く。

彼は、大学時代の友達だ。
大学一年の時から、数人の友達でよく遊んでいた。
深夜のパソコン室に残って課題をしたり、夏に田んぼで騒いだり。
三年になるとゼミも一緒になった。

彼は20になるかならないかの年齢で、なんでもかんでもしたり顔で批評したり、
ダメ出しする奴だった。
図々しくて、図太そうに見えるけど本当は繊細で、独特な世界観を持っている人だった。

今思えばだが、彼はいつも消え入りそうな佇まいをしていた。
当時は冗談だったが、私はよく

「○○(彼の名前)、いつも細い道をゆらゆら歩いててさ、
右が生きる方で左が死んじゃう方で。でも今日は割と元気だね」

とかなんとか言っていた。(勿論死にそうな方に寄ってる日もあった)
今思うとなんて不謹慎なんだろう。
でも変な言い方をすると、すごく死の影が濃い人だった。

当時彼には付き合っていた彼女がいたが
(彼が亡くなる時まで付き合っていた最愛の彼女だ)
私と彼の仲が男女の関係とあまりにかけ離れた感覚だったので、
一緒にカンボジアとタイに行った事があった。
なんでも知ってそうな態度をするくせに、旅の途中では何度も落し物したり、
割とこいつは抜けてるな、とわかった旅でもあった。
(でもけっこう喧嘩もしたので私の抜けてるところも沢山気付かれたと思う)

何かとくせのある人だった。
大学を卒業し、在学中は
「作品を作って賞をとる」やら「会社やめてあれしたいこれしたい」と言っていた友達も、
企業や会社に就職し、しばらく経つと、皆安定した生活を選ぶようになっていった。

でも彼は(私もだが)卒業してもふらふらと定まらず、
時々働いたりたまに作品を作る日々だったと思う。
新進気鋭のデザイナー事務所に就職が決まるも、一週間でやめてしまったり。
面白いものを持っているのに、それを表現する術を
今生きてる場所には見い出せてないようにも思えた。

私はふらふらしている彼に「こいつほんと不器用だなー」と思いながら、
自分と重ね合わせていた部分があったように思う。
「どうしようもないなー」と呆れながら、親近感を持って。

お互いお金とやりたいことのかねあいや、社会においての自分の立ち位置や、
そういうもやもやしたものに釈然としない思いで生きていた部分があった。

私は私で新宿の制作会社を退職した後はインドに四ヶ月行き、帰国した後は
就職して何社か渡り歩いたが仕事は二年以上続かず(色々あって)、
世界一周の夢も遠く、地元を離れたり、体調を崩したりもがいていた時期でもあった。

彼とは、卒業したあとはもちろんぐっと会う機会は減ったが、
年に1、2度は会ったり電話していたと思う。

彼は基本ネガティブで文句ばかりなのに、たまに電話すると励ましてくれたりもした。
インド本を自費出版した時も、
「きちんと形になってる。うっちーはすごいよ。前進してる。」
とメールをくれたりもした。(当時のメールを保護していた)

会うと相変わらずげっそりと不健康そうな感じで、
(でもいつも不健康そうだから不健康はデフォルトだった)
「おれ将来、浅草とか、場末の喫茶店で働いてそう。
客はどうしようもないおっさんばっかで、煙草の煙にまみれて。」
と冗談交じりにそんなことを語っていた。

彼が亡くなる二ヶ月前ほど、2010年の冬だったか、私は都内のシェアハウスにいた。
久しぶりに会おうと彼に連絡をし、有給休暇が余っていたのでとった。
だが彼は当日になってドタキャンした。

当然私は怒った。

メールで
「今日はごめん、ほんとにダメだ。必ず埋め合わせするから。」
と理由も告げず彼は謝り、私は呆れ、怒ったまま、連絡を取らなくなった。

こいつは絶対に埋め合わせはしないだろうという確信の元に。
向こうから連絡があれば話をしよう、と思っていた。

そして2011年。二月末に彼は自ら命を絶った。

ようやく今年、2012年になり彼の死を知った。

ああ、やっぱりな。彼は埋め合わせをしなかった。
彼の死を友達づてで聞いた時、びっくりしたけどそんなことも思った。

28年生きていると沢山の死に出会うけど、本当に残念だと思う。
残念じゃない死なんてないけれど、
今思えば、彼は将来のビジョンが描けなかったんだな、と思う。

一緒に年をとるはずの友達が一人一人減っていく感覚。
そんなものはまだまだ先でいいのに。
一緒に年をとりたかったなあ。
いくら将来のビジョンが見えなくても、死んだら終わりなのに。

もうあのしたり顔でのダメ出しやネガティブな励ましを聞けないのは悲しい。
自分となんとなく似ている人からの言葉は、不思議とすっと胸に響くものがあった。
もうあれが聞けないのかと思うと、やはり悲しい。

そろそろ彼の一周忌だ。

私は彼がいなくなった今も会社では働いてはいるものの、相変わらず
世界一周だなんだとフラフラして、全く立派でもなんでもないなと我ながら思う。

でもいつか彼にまた会った時には、ネガティブで後ろ向きな彼に褒めて貰える位には、
後悔しない生き方をしていこうと思う。

個人的・美しい人Best3

こんにちは〜。

寒波に打ち震えながら生きてます内山です。
なんか雪の降る地方は雪がゴワンゴワン降ってて大丈夫でしょうか....
積雪の地方では若手のエース(でも60代!)が屋根まで届いた雪を
猛烈にかいているニュースを見ました。
雪崩注意の柵も越えそうな勢いで雪が降り積もっているようで。心配です。

えーと。
まさに日々のつぶやきっぽい内容なんですが、「個人的・美しい人Best3」

ここにあげる美しい人は女性としての美も兼ね備えつつ
マニッシュであったりボーイッシュであったり女性ならではの強さとしなやかさを
併せ持った(個人的)憧れの女性達三人。.....を今回記して行こうと思います。
まあ私しか楽しくない日記なんだけど。
美しい人っていう範疇でいうと他にもいるけど、ひとまずこのお三方。

順番はとくに関係なく適当に紹介してきます。えいっ

【ティルダ・スウィントン】




有名ですね。イギリス人の知的派女優ティルダ。
アンドロジナス代表。(なんだそりゃ)

最初に印象に残ったのは映画「コンスタンティン」のガブリエル役なんですが。
違和感なくスーツを着こなし凛と立つ姿はまさに天使と呼ぶにふさわしい
中性的かつ神秘的な佇まい!
でも映画「サムサッカー」では主人公の母親役や、
「ナルニア国物語」では雪の女王なども演じているので覚えてる方も多いでしょうね。
見たことないんですが、他の映画では醜い悪役なども演じるそう。幅が広い!
不思議な雰囲気な方ですよね〜〜唯一無二。

どこか舟越圭の彫刻のラインを思わせる本当に彫刻的なお顔。美しい〜。
ドレッシーなスタイルや男装をしてもなんなくこなす、
(それもそのはず、身長180cmですと!)
不思議な雰囲気の女優さんです。でももう50歳だとか...年齢不詳。あ〜、美しい。

さあ次。えいっ

【ケイト・ランフィア】




....下の二枚、写真がよくない。(雑誌からとった)

US版「ELLE」のスタイルディレクター。
プラチナブロンドの髪(2:8で内側刈り上げ)にアイスブルーの瞳。

最初見た時その佇まいにこんなかっこいい女性が世の中にいるのかー!と
びっくりした覚えがあります。

マニッシュなスタイルも、全身ブラックな男前スタイルも
スカートスタイルもこの方が着ると全てがケイトのスタイルに。
まっすぐな脚とモデルばりの痩身で着こなす服はけっこうシンプルな印象。
だけどいつでも腕や指にはロックなアクセサリーがじゃらじゃらと。
洋服とそのバランスでこの人の世界観が作られている。
んもーとにかくかっこいい!
スナップの常連なのでファンも多いです。

でもほんと、このスタイルとプラチナブロンド、アクセサリー...
絶妙なバランス。真似できないよこれは。

私がショートジャケット好きになったのは彼女がきっかけかも....
ベトナムでジャケットを仕立てた時、
彼女の着ている服とほぼ同じものを作ったことがあります。
(売ってないなら作るまで...!笑。布は日本から持っていきましたよ。)

さ、次。えいっ

【岡本多緒・TAO】




すらりと伸びたまっすぐの脚に長身(177cm!)と日本人離れしたスタイルで
世界を舞台に活躍するモデルの岡本多緒(TAO)さん。
ほんとに脚まっすぐ...!きれーい!

華奢な見た目とは裏腹に、高校時代留学していた経験を活かし、
単身パリに渡りモデルとしての仕事を掴んだとか。
今簡単に書いたけどすごいことですよね...。現在はニューヨーク在住だそうです。
元々は長髪で、トレードマークともいえるマッシュルームカット(TAOヘアー)に
変えたことで注目され、そこから一気に知名度が上がったとか。
長髪の写真も見ましたがうん、絶対ショートの方がいい!

一度美容院で
「TAOヘアーにしてください」
と言ってしてもらったら全く似合わなかった覚えが。(ファンに殴られそう)
あの髪型はほんと、人を選びます...。
(うっすい顔なのにトライ精神のある私をほめてください...笑)

彼女のブログも内容がおちゃめでかわいらしいです。(猫が好きだそうで...)

もっと海外で活躍する日本人が増えるといいなあ。

...............................................................................................


こうして書いてみると私は長身でショート?で、
可愛らしいだけでなく、しなやかさ、女性ならではの強さも
兼ね備えたかっこいい女性がやっぱり好きなんだよなーと再認識。

日本の「かわいい」もいいけれど
(それはそれで日本の誇る「KAWAII」文化だし。)
個人的にはそれだけじゃつまらないんですよね。
もっと海外に通用する、自分の意見もしっかり持っていて、かつ柔軟な考えも
持ち合わせているかっこいい女性でないと。

かっこよさを内包していてこその女性の美。
人に媚びるスタイルでなく、自分のしたいスタイルを凛と着こなせる女性。
そんな女性に憧れます。

...私は私で人によく「ニューヨーカーみたい」(ピアスと美容師さんの功績?)と
いわれるのが切なくなってきたのでそろそろ英語始めます。
(....英語は中学二年レベル★)

【2012新年のご挨拶】あけましておめでとうございます


ご挨拶が遅れましたが....
「あけましておめでとうございます!」

あけちゃいましたね〜。

去年は大変お世話になりました。
こうして年始年末をバタバタ、ときにゆっくり過ごしていると
一年前の元旦が昨日だったかのような(笑)そんなよ〜うな気持ちに襲われます。
一年て速すぎますよね....。
二十歳過ぎるとジェットコースターはほんとだよ。笑

2011年は日本にとっては3月の震災・津波が起こったことで、
混乱と衝撃、混沌の年でしたね。
あの災害が人生が変わる程の事件になった方も少なくないと思います。
日本人がそれぞれ一人一人、あの災害で多少なりとも考え方に
変化はあったのではないでしょうか。
私も例外でなく、少しだけですが出会いや考え方、
変化がもたらされた事件だったと思います。

去年は、個人的な事としては転職し、鎌倉に戻り、海外旅行へも行けたものの
旅の途中日本で災害が起こりました。
帰国してからは沢山の人の手をお借りしての旅の本制作・発表、
個展開催(しかも地元鎌倉!)することが出来ました。
2011年の冬にかけては、東北がきっかけで沢山のいい出会いがありました。
東北関係以外でも、かけがえのない出会いばかりでした。
更に個人的なイベントも数回開催することが出来ました。

振り返ると、本当にありがたい事に
私はいつもいつも人に助けられて何か成し遂げてきてるな、と実感します。
(主に自分で起こしたアクションについては反省点は数えきれない程ありますが...)
個展もソンベカフェの店主さんのご好意に甘えての事だったし、
東北へ行くのもLOMの力をお借りしたし、
イベントなんて人が集まらないとまず成立しないし。
そして何をするにも家族の協力と理解が不可欠....。

私は見た目勢いがあるので「なんでも出来そう」と言われる事が多いのですが
ほんとはなんも出来ないんですよね。
いつもいつも人に助けられているからどうにかなってるだけです。
(と、一人で旅に出るようになってからより深く実感するようになりました)
いつも付き合って下さる方々、本当にありがとうございます。

今年もお世話になるかもしれない皆様、何卒よろしくお願い致します!
(なんかいやらしい感じ!笑)
恩返しできる事は少ないかもしれませんが、いや、
恩返しできることがあればなんでも精一杯やらせて頂きます!はい!笑

とりあえず今年やること!(個人的覚え書き)

・旅に出る!
・旅の本執筆。出来れば展示開催。
・本出版への動き
・いい加減英語始める
・貯金は定期預金でしっかりと!
・ヨガ(自分磨き)は継続。心地よくいられる身体作り。
・ブログ継続
・東北への支援活動。自分に出来る事を考える。
・鎌倉での活動
・家族を大切に
・仲間を増やす/イベントをする
・新しいこと。見聞を増やす。

こういうのって書くだけだけどすごい頭ん中整理されるから大事ですよね〜。
でもこうして指標を定めることで少しでも目指す自分に近づけてる気がしますし、
一日一日よりよい自分になれてる気がします!
(と、ポジティブに考えることも大事かと!笑)

よし、今年も頑張るぞ〜。

それでは、皆様が2012年を健康に、気持ちよく幸せに過ごせますように。

今年もよろしくお願い致します!

遠くに行きつつも

タイヤキに憑りつかれた女。

こんにちはー。

最近「あんな靴が欲しい」「冬用のコートが欲しい」とかより
「経験」と「人脈」にお金をかけることが一番価値を感じるこの頃です。
物欲というか経験欲が一番高まってる気がする。

そんなこんなですが、生きてます。

先日の週末、先月のLOMでの派遣に引き続き雄勝に行って参りました。
先月の派遣は12人でしたが今回は36人。大所帯です。
それはまた詳しく書きますが.....うん、そうだ、今度詳しく書こう。
なかなか頭の中が整理できていない状態です。

余談
最近一過性のものですがたい焼きがアツイです。
たい焼き作るフライパンも買ったもんね。
昨日は一日に三匹食べたけどそれは食べすぎだろう。
(抹茶カスタード、ごまもっちり、紫いも)
疲れてるのか?多分疲れてるなー、もうちょい、寝よう。笑

あと最近ふつーの文章しか書いてないのでもうすこしぶっこわれたこと書こう。
鎌倉紹介とかするとどうしても笑いをいれる隙間がないんだよなー。
色々あかんと思います。

| 1/2PAGES | >>

PROFILE
絵・旅行大好きイラストレーター。
鎌倉と都内をうろうろ。
話しかけてね。


LINKS

ウチヤマヒロミサイト「soi」

ぶらぶらインド四ヶ月の記録「ぶらぶらインド」

著書「ぶらぶらインド四ヶ月」販売サイト


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM