夜な夜な一人でチャパティ祭

こんにちは〜、ウチヤマです。

先日、チャパティを本気で作ってみました。
いや、わりといつも本気なんですが、インドから帰国して
けっこうな回数作ったはずなんですがなかなか美味しいチャパティが焼けなくて。

それをTwitterでつぶやいたら、カレー仲間の方々からありがたいアドバイスをいくつか
頂いたので帰宅してから早速作ってみよう!と(笑)

帰宅したのは23:30...。
けっこう遅い時間だったのですが夜な夜な作り始めました…チャパティを。
家族寝静まった中、一人で(笑)
ただtwitterのみんなが話しかけてくれたから一人じゃなかったぜ!
(なんかさみしい人みたいだな!!笑)

とりあえず、必要なのはアタ粉と、ぬるま湯。
分量は適当です(いつも。そんなもんだ。笑)

とりあえずアドバイスによると
・混ぜる際は水でなくぬるま湯
・油少々いれる
・とにかくこねる!(無心で)
・ベンチタイムをはさむ
...などなど。

あとはtwitterでつぶやいてる時に
「味噌とバニラエッセンスと○○をいれてあとは優しさこめて練ってくださ〜い!」
等のオモシロデマ情報なども頂きましたが笑


新大久保で買ったアタ粉。


アタ粉にぬるま湯、オン!


コネコネします。まずはまとまるまで!


こねこね。


生地の感じを確かめますが、まーだまだ。
ブチっと切れます。まだまだ。
ここで油を少々いれます。(タイミング適当)

手を粉だらけにしながらiphoneでつぶやき続ける私!(しかもカタコト)


力一杯練ってると(昔少しだけかじった陶芸の菊練りを思い出しつつ)
ちょっと滑らかになってきたような?
ひたすら練り続けます。


ぶちっ、というよりはみょん、と延びます。
いい感じなんじゃないのかな?


まとめます。カワイイ。なんともいえない可愛さ。


ラップをかけます。乾燥防止。
しばし休憩。ここでiphoneなどをいじりながら私は10分〜ほどお休み。


さ、伸ばしましょ!
元の生地を一応8等分にして準備。

その中の一つに打ち粉をして、生地自体をくるくる回しながら伸ばしていきます。


なんかうまくできないなぁー。
蓮の葉みたいになってしまう。

芸術学部の意地みせてやるぜ!とばかりにくるくると生地を回しながら伸ばすうち、
あれ、なんかいい感じ?
何枚か伸ばすうちに慣れて来ました。

計8枚伸ばし完成。

さ、焼きましょう!
テフロン加工のフライパンで裏表を軽く焼きます。

そこでポン!とコンロの上の火に乗せます。直火です。

最初はそんなに膨らまなかったものの、ファーストチャパティ完成!
いい感じなんでね?

さらに焼きます。

直火にオン!するとプーッと膨らみます。

おおおお!
ちなみにこの時点でiphoneとコンロ周りは粉だらけです。
明日母に怒られる可能性が高くなって参りました!!
(※最後にすべて奇麗に後片付けしましたよ!笑)

乾燥防止の為、水で濡らし、きつく絞った布巾にチャパティズを包みます。
柔らかくていい感じー。
前まで私が作ってた堅いパンのなりそこないのようなブツとは大違いです。
ここで一枚食べましたがうまい!
やっぱ作りたてが美味しい。

翌日、朝ごはんとして日本カレーと共にいただきます。
出来たてには叶わないけど割と時間経っても美味しいな、コレ。

柔らかいのが何より。
夜中のチャパティ祭、個人的にはかなり満足でした。
誰にも求められてないけど、花嫁修業的ななにかのスタート地点に立てたような(笑)
あとは繰り返し作るのみですね!
インドのローカル食堂で食べたあの安くて美味しいチャパティに近づきたい....。
次はもっと薄ーく伸ばしてみよう。

皆様のお時間ある時是非作ってみて下さいね〜!

てか基本チャパティはバターさえあればオッケーだな。笑

| 1/1PAGES |

PROFILE
絵・旅行大好きイラストレーター。
鎌倉と都内をうろうろ。
話しかけてね。


LINKS

ウチヤマヒロミサイト「soi」

ぶらぶらインド四ヶ月の記録「ぶらぶらインド」

著書「ぶらぶらインド四ヶ月」販売サイト


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM