お出かけします

こんにちは〜。

えーと突然ですが今日2012年11月1日からアジア放浪の旅に出ます。
世界一周というか五大陸をぶらぶらする旅に。

一時帰国は来年の6月末の予定なので一度こちらのブログから
【ウチヤマヒロミのぶら世界】のブログに移動して書いていく予定なので
よろしかったら引き続きご覧下さい!
旅での出来事は基本こちらの方に書こうかと。

それにしてもここのブログ(きちんと書き始めたのは最近だけど)
けっこう長く使っていたのでなんだか感慨深いですね〜。

相変らず旅前はバタバタですが、行ってきます!!
(大きい荷物だ...!部屋もごちゃごちゃだし...!←それはいつも。)


ではこちらでお会いしましょう!!

インドVISAセンターで、ウチヤマヒロミが、出会った〜

こんにちは〜。

10/29(月)に茗荷谷のインドビザセンターにビザ取得しに行ったんですが、
なんだか何かに引き寄せられたとしか思えない不思議な出会いがあって。

カウンターで書類の再記入してたらkさんに「一瞬ペン借りていいですか?」と聞かれ
そこから会話が始まり、そこで私の書類もチェックして貰っちゃったりして。笑

出会ったのはkさんという女性。

窓口のインド人のお兄さんと流暢な英語でやりとりしてるなー、と思っていたのですが
なんと彼女、世界放浪→イギリスに6年在住→今は日本でイベント事業の会社にいる
パワフルで笑顔が素敵な私より二つ年上の女性でした。
「あ〜!海外にこういう女性いるいるー!」っていう感じの
すごくオープンマインドな印象の方。
そのまま意気投合して駅前のインドカレー店でお昼ご一緒しました笑
ノリが合う人ってがちっとハマると仲良くなるの早いよね〜。

インドになんの目的で行くのとか、身の上話とか、カレー食べながら雑談。
kさんは親友の結婚式の為に渡印するとか)
Kさんは自分が居心地よく自分らしくいられる場所を探して色んな国を旅したんだそう。
今は帰国子女やらワールドワイドな視点を持つ人が多い
イベント事業の会社に勤めているんだそうです。
(まとめると、とても自由な会社!うらやましい!
Kさんはむしろ日本ぽくない今の会社じゃないと無理だって言ってましたが....笑)

そんなkさん曰く。
(短い時間の中色々話しましたが覚えてることをつらつら書いて行きます)

「私は26まで遊んでいたけどその体験が今すごく活きてる。
今の仕事も昔海外にいた時に出来たつながりでやれているから。

人生に無駄なことなんて一つもない、
だからひろちゃん(私)も好きな事は全部やった方がいいよ。

自分に嘘をついてはダメ。
本当に自分のやりたいことをやっていけば自ずと見えてくるし、ついてくるから。
(その行動にふさわしい仲間もついてくる)

ただ自分のしたことは自己責任だけどね。

あとね、すごく思うんだけどお墓参りはした方がいいよ。
イギリスから帰国した時期に父を亡くしてるんだけど、今父が守ってくれてるって思う。
父の存在を近くに感じる。
(でもきっと近しい方が亡くなって、娘のKさんがそう感じるんだから
その感覚は本当なんだろうなあ)
ご先祖様は大切だよ。

多分ひろちゃんはやりたいこと見つかるし、出来るし、きっと大丈夫だよ。
楽しい旅をしてきてね。」

ざっとですがこんな話をしてくれました。

あと
「自分のしたことは自己責任だから」については、
これはいつも私自身も思っていることで、
当たり前ですが自分が起こしたことは全部自分の責任。
今の自分が気に入らないんだったら過去の自分が起こした行動の結果が今に出ている。
逆もそう。

だからこそ自分に嘘をつかないで自分のやりたいことをやらなければいけない。

かなさんはすごくオープンマインドな方で、私もそれにつられて
(いや、相乗効果かも)色々相談したり、話してしまったり。

私がいつもうっすら思っている事を
私はきっと誰かから言われたかったのかもしれません。
自分で思っているのと誰かに言われるのって全然違うので。

よく引き寄せの法則って言うけど、Kさんはそれをごく普通に意識せずに
実行しているように思えました。

自分の頭でイメージすれば必ずそうなる。
悪いイメージや想像もそう。
強くイメージすると良い事も悪い事も実現してしまうから。
ちょっとスピリチュアルな考えかもしれないけど、
でも人のイメージする力って本当に偉大。
段々年齢を重ねるにつれて強くそう思うようになりました。

だからこうなりたい、こうしたい、と思うことは何かを実現する為にはすごく大切。
強くイメージすればいつか実現するから。

私自身もそう自分に言い聞かせて。

Kさん、一体あなたは何者なんだ?!(気のいいパワフルなお姉さんでしたが!笑)
長期の旅の前にびっくり&嬉しい&不思議な出会いでした。
帰国したらKさんと神宮前のカフェでイベントやる約束もしましたよ〜。笑

あー、イベントやりたい!!
Kさん、ありがとうございました。
(話した内容がちょっと違っていたらつっこんでください....;m(.  .)m)

その時食べたカレー。辛口にしたら夜お腹の中でマサラが暴れて大変なことに...!

家族と箱根へ行ってきました。

こんにちは〜。

先週の10/21(日)〜22日(月)、家族と小田原・箱根へ行って参りました。

猫を飼いだして、母が病気になって、気付けばもう十数年家族旅行なんて
していませんでした。
私が旅の出発前ということもあり、皆で旅行にでも行こうかと。
実は仕事を辞める前に「家族を温泉にでも連れていけたらなあ」と思っていたんですよね。
そんなこんなで親孝行に温泉なんてベタベタですが
(昭和の発想....でも昭和生まれだから仕方ない笑)
でもすごく楽しい、それこそずっと記憶に残るような二日間が過ごすことが出来ました。

帰宅したあと、普段無口な父がシンプルなほうれんそうの炒め物を作りながら
「楽しかったなあ」
とつぶやくのを聞いて、
「あー本当に連れてってよかったな」
と感じました。

親孝行って出来そうで意外に出来ないのでするなら早くですね....!
まだまだ足りないけどね。

ではちょっとですが写真をば。

鎌倉から車で小田原へ。

ヒルトン小田原リゾート&スパに到着。
10階の部屋からの眺めが素晴らしい。

オーシャンビュー。

夜御飯はビュッフェ。美しいけど味は普通。
まあ皆で食べたから美味しく感じたけども。笑

チョコレートファウンテンもありました...!!

夕食後はラウンジバーなど行っちゃったり。
家族とギムレットを飲む機会があるとは。(そのあと部屋でも酒盛りするんですけども)
母が病気になってから外でお酒なんて呑む事は皆無だったのでいちいち新鮮です。笑

部屋からの朝日。
ここで初日の出見たいわ〜〜〜。

金色です。

翌日。またもやビュッフェの朝ご飯を食べて。
肥えました、ええ。二日間で確実に。左が姉、右が私

さてヒルトンにさよならをして。

母の希望で仙石原へ。
一面つづくススキ野原。天気がいいのでいい感じのお散歩コースになってます。

そのあとは箱根のロープウェーにも乗っちゃいます。
おとん「50年ぶりやあ〜」

桃源台〜姥子まで。芦ノ湖が一望できます。

ロープウェー気持ちいいなー。

桃源台でお昼を食べて帰宅。
お疲れ様でした!以上、超かいつまんだ日記でした。

また家族をどこか連れて行きたいです!

おまけ。
箱根はエヴァをフューチャーしまくりでしたよ〜。
変なお土産が沢山あって笑えました。カジ園長...!

最近おでかけしたところ

こんにちは〜。

11月からの旅の準備に追われております、内山です。
あ〜まずいまずい。
でも訓練校に通いつつもきちんと準備してますよー。
絶対出発寸前になって「や、ヤベー!」てなること必須だけど。
え、へ、へ...

えーとここ最近のおでかけを覚え書きとして書いときます。
9、10月はイベントに最適な季節でワクワクで出来るだけ参加したいものの
行きたくても行けないイベントあるとはがゆいよね!

【最近行ったイベント】
ドイツのビールイベント?を鎌倉で開催。
ビールとちょっとしたおつまみが楽しめるイベントです。
開催場所は鎌倉駅から徒歩数分で行ける下馬四つ角の駐車場。

都内に出かける前にちょろっと顔出したらアナンスパイスの二代目バラッツさんに
「お〜ウチヤマさん値札(看板)描いて下さい」
といわれ急いで値札描く事二枚。
私に出来る事ならなんでもやりまっせえええ

こんなん。といっても始まる数十分前なのでちょっと準備中。

鎌倉ビールとかね

私が急いで描いた値札。文化祭クオリティ。
バラッツさんの「女川カレーキーマブルスケッタ」200円。
美味しいパンの上に女川カレーのルーを使ったキーマカレーが乗ったブルスケッタ。
女川カレーは優しい味なのでぐびぐび飲めます。大好きです。

左がバラッツさん、右が女川カレープロジェクトの蓮見(兄)さん。

これから始まるよー。

鎌倉の由比ケ浜通りにあるもわカフェの店主たいきさん。
5月にここのカフェで旅人イベントさせて頂きましたー。
たこ焼きだと思ったらおやつチヂミだったみたい。失礼しました。笑

そんで退散したんですけど。(おい)
あ、あとね。これこれ。

【行けなくて悔しかったイベント】
10/21 ゲストハウス耳日「秋の収穫祭」
湘南のゲストハウス耳日さん。
まだお邪魔したことないのもあり、興味しんしんだったのですが
出かける用事があり断念。....
なんか美味しいもの沢山出たみたいよ。いーな。

10/27 ゲストハウス亀時間「旅人バザールVol.2」
世界一周や長期旅行者が持ち寄るちょっといいものを眺めたり買ったり....。
てか 私!!!なんで行けなかったんだー!絶対面白かっただろ....
前回も行けなかったし...。
ということで第三回目に期待....日本にいなそうだけど、私....。

てかイベント全然行けてない....

あ、あとこれイベントじゃないけど最近おでかけした日暮里。
【おまけ】

日暮里駅構内の珈琲ショップでは店員さんがその場でドリップした珈琲が飲めます。
いいね。

だいすき、日暮里谷中ぎんざ

相変らず「ざくろ」では破天荒なエンターティナーなアリさんの
理不尽なツッコミの声が店の外迄鳴り響いてました。笑
あわわわ....

この下町感がたまらない。

有名なメンチ(150円)美味しかった。

屋根の上には猫(の置物)
ここ抜けたとこにある「ディスカウントくつ下スタウト」の看板の近くの
おでん屋さんに行っておでん食べようかと思ったら売り切れてました。
そらそーだ、だって土日だもん。

秋風の中咲き乱れる花。

ということで引き続きアンテナはってイベント参加します!
(日本にいればね!)

てかむしろイベント開催したいぜえええええええ!!!

友達に会いに行く


こんにちは。

先日友達に会いに行きました。
私の中ではいわゆる悪友という位置づけの男友達Tに。それはもう2年ぶり位に。
というのもお墓参りなんですけど。
(彼が亡くなった時のことはここに書きました)

ここに書くのも正しいのか正しくないのか、良いのか悪いのか。
それもわからないのですが、今度Tと一緒に遊びに行ったタイ〜カンボジアに
行く予定なので、節目というかけじめとして書きたいのでここに記しておきます。

お墓参りの当日は秋晴れの気持ちのいい日、
誘ってくれたSちゃん(Tとずっと一緒にいた最愛の彼女)と
大学仲間と日暮里で待ち合わせ。そこから乗り換えて、1時間ほどの駅に到着。
さらにタクシーで10分ほどの広い敷地の墓地に友達のお墓はありました。

冬に向かう準備をしているかのような秋色の並木道の広い敷地を抜け、
迷いながらも彼の一族のお墓を見つける事が出来ました。

お墓の周りを皆で掃除して、駅前で買ったたばこと缶コーヒーをお供えしました。
(生前彼はよく煙草とコーヒーっていう身体に悪そうな組み合わせを好んで
口にしていたなあ。なんて思い出しながら)
少し涼しい秋の風を浴びながら、墓石に水をかけます。

なんだか信じられないなあ。
遅すぎる訃報を聞いた時は沢山泣いたけど、正直なところまだ信じられない感じ。
わかってるんだけども。

お墓を前に、ぽつぽつとSちゃんの話を聞かせて貰いました。(ありがとう)
彼が亡くなる前の様子を聞くと、それに対してSちゃんもきちんと答えてくれて。

なんだか話を聞いた上で思った事だけど、私が考えていた以上に
彼はせっぱつまっていたような感じがしました。
これはいつも思うけど、私はTとは社会の中で器用に立ち回れない部分が
なんだか共通点というか勝手に親近感を感じていて。
おかしな言い方だけど底辺でもがいていた同士なにか通じるものがあったんですよね。

ただその閉塞感や、不安や、焦りや、先が見えなかったり、
行動に移せなかった自分への嫌悪感や、そんなもやもやものの向かうベクトルが
少し異なっていただけで。

Sちゃん曰く、葬儀の時お坊さんが
「彼は天寿を全うしたんですよ」と仰っていたんだそう。

うん。うん。多分きっとそうなんだろうな。
Tはよく考える、考えすぎる人だったから、きっと一生分悩んだんだと思う。
一生分悩んで、選んだ結果があれなんて残念すぎるけど。

本当に残念だけど。でも彼っぽいなあ、ってすごく不謹慎なことも思う。
周りの人が悲しむし、絶対許されないことだけど。
願わくば、向こうの世界では悩むことなく好きな写真を撮ったり、
粘土こねたり出来てたらいいなと思います。

彼が出来なかったことを私がやる、なんてだいそれたことは言わないけど、
社会でうまく立ち回れない私は私なりに自分のやりたいこと、生き方で
不器用でもなんでも生きて行ってやろうと思います。

もうちょっと書こうと思ったけど意味不明になるのでやめとこう。

余談ですが墓前にお供えした手作りクッキー、墓前を離れた瞬間にカラスが
くわえて持って行っちゃいました....。(煙草まで。)あー、びっくりした。
ああして生態系が保たれて....るわけはないと思うけど;
あれは鳥に姿を変えたTだと思うことにする。

T、今度Tと行ったタイとカンボジアいくよ!
あの時一緒にカンボジア来てくれてありがとう。
ケンカもしたけど一緒にアンコールワット見られてよかった。

いってきます。

地元鎌倉・光明寺のお十夜

こんにちは〜。

先日の10/14、地元鎌倉のお祭り「お十夜」に行ってきました。
場所は材木座。鎌倉駅からは九品寺行きのバスで行けます。

お十夜(光明寺十夜法要)は毎年10月12〜15日にかけて行われる、
盛大かつ伝統的なお祭りです。
ほんとは十日間かけて行うお祭りを今では四日間に短縮して行っているのだとか。
なんだかすごいお祭りなのですがもっぱら私の目当ては夜の屋台。
小学生の頃から何度も遊びに来ているお祭りなのですが
社会人になってからあまり来られなくなっていたので今回久々に行ってきました。

というのも、この日ちょっと体調がおかしかったのですが
旅に出る前にどうしても行きたくて....(約束を断った友達ごめんなさい;)
カメラさげて20分ほどぶらっとみて帰ってきました。

久々に行ったお十夜はやはりよかった!
駆け回る子供達、みんなの笑顔、暗闇に浮かび上がる無数のオレンジ色の光、
子供のみならず大人の購買意欲をかき立てる食べ物屋台から上る魅惑の湯気。
うわーノスタルジック!!!笑

印象としては昔より少し人が減ったような気もしましたが、
お参りして、小学校高学年の男女の恋の駆け引きとかを見かけたり
(甘酸っぱいぜええええ)
ちっちゃい子がくじ引きで賞品が貰える屋台をみて「おれこれ子供の時やった〜」
(今より更に子供のときって何歳?笑)とつっこみたくなるような微笑ましい
会話をするのを横目にみつつ、
小学生の頃、お十夜に来た時もう我慢できない位わくわくした気持ちを
ちょっと思い出しながら地元のお祭りってやっぱりいいな、
こうして伝統と記憶は受け継がれて行くんだな、と思った夜なのでした。

少子化が進んだとしても(鎌倉は解消されつつあるそうですが)
なくなって欲しくないお祭りですねー。

では少ないですがよかったら写真をご覧下さい!










あ、これは違う日の夕焼け。秋の空はなんかキュンとしちゃう。



飯田橋LOMにて花月壮行会

こんにちはー。

2012年10/
6、大学同窓会の後に東北支援チーム(LOM)
メンバーのはづき
宮城県の雄勝町に四ヶ月滞在することになったのでその壮行会へ。

はづきは震災直後から何度も雄勝に足を運んでいるメンバーなのですが、
今回は「右腕制度」というものを利用して(あまり詳しくないのですが)
いつも我々のチームと雄勝の方々の間をつなぐ役割をしてくれてる
千鶴さんのお手伝いをする為に雄勝に滞在するそうです。
(千鶴さんはいわゆるコーディネイターなのですがそれだけにとどまらず
雄勝の為に幅広く仕事を受け持っています)

はづきいつもきゃはきゃは言って適当そうに見えるけど、
仕事もしっかりこなすし、もう就活も終わらせて、すごい出来る子なんだよなー。

今日はそんなはづきの為にいれかわり立ち代わり相当な数のメンバーが
LOMハウスに終結したそう。
飯田橋のLOMハウスに着いた途端に終電の時間だったので(はい泊まりー。)
会いたかったけど会えないメンバーもいましたが、(てか終わりかけ!笑)
LOMの皆に会えて嬉しかった!パワー貰った!

※ちなみにLOMハウスとは...
LOMの立ち上げに関わった初期メンバーの数人が住むシェアハウス。
広いスペースといい、住人が作り出す雰囲気といい、居心地のいい
皆が集まる飯田橋の一軒家。

写真数枚ですがご覧下さい(内輪ー。)

小雨降る中遅れて着いたー!若干みんな帰り支度気味ー!笑

でも写真撮るもんね!

一次会からの〜二次会〜。でももーーっといたみたい。

野生動物並みの速度でフレームアウトする野田。

お餞別披露会。はづきこのあとこれを3ターン位繰り返す。笑
(可愛いけどしつこい!このしつこさがはづきの魅力(言いたい放題))

みんなあったかいんだなあ。
(カメラの外では段々オチ始めるメンバーも....深夜だからね。)

こっちではiPhoneから音楽流して踊りまくる(なんだっけ?あのよさこいじゃなくてー。)

ノリも変な感じになってきたところで残ったメンバーでしんみり語ったり、
深夜の恋愛相談室みたいな感じになったり。

あー、笑った。
同窓会からの流れでとにかくよく笑ったし声も張りすぎましたわ(笑)
(このあと朝方に皆で布団を奪い合うようにして寝て起きたら
全然人いなくなっててビックリ。笑

なんだか彼女連れてきてみんなに紹介して、っていうのがこのコミュニティが
不思議な友達なんだけど家族のようで、いつまでも皆とだらだらお酒呑んで話したり、
ずっと友達でいられたらいいなと思った夜だったのでした。

はっちゃん雄勝で風邪ひくなよー、
はづきが雄勝滞在時には行けないかもしれないけど、どこにいても応援してるからねー!

それにしてもLOMのメンバーほんと一人一人が素敵。いいエネルギー感じるわ〜。
みんなありがとう!(なんかお礼言いたくなっちゃう)

大学の同窓会を開催しました。

こんにちは。

なんかもうすっかり秋ですね...というかもう冬?寒いよ寒いよ。笑
つい最近までノースリーブに近い半袖貴てウヒャウヒャ言ってたのになあ。
(ウヒャウヒャはほぼ毎日言ってますが)

そんな秋深まる10月6日、大学の同窓会を主催してきました。
(この日はまだあったかかった!写真の私半袖だもんな)

思い出せばあれは8月の終わりか?
大学仲間(家が近い)ゆきたんと鎌倉のヴィヴモンディモンシュでお茶してる時に
なにげなく
「同窓会やりたくない?」
「いいね!やろうやろう。」
その会話からとんとんと話が決まり今回の開催へ。
決めてからの三ヶ月なんてあっという間。
なんとか無事開催に至りました。

開催当日、ちょっとわかりにくい場所だったのでお店の入り口で皆を待っている時
次々に到着する懐かしい顔を前にしてふっと大学時代に戻ったような錯覚に陥り、
改めて大学時代って宝物のような大事な恵まれた時間だったな、と
思い出すことしばし。
課題で何日も徹夜したり、プレゼンに悩んだり、みんなでお酒呑んで深夜の田んぼで
騒いだり、あの頃の記憶って彼らとしか共有できていないわけですもんね。
やっぱり同期っていいなあ。
彼らと同じ年を重ねられるのがなんか心強いよ。笑

卒業以来会える同期もいたりして、喜ばしい日になりました。
完全内輪ですがよろしかったら写真ご覧下さい〜。

準備前。同窓会開催にのっかってくれた優しき仲良しメンバー。
この奥のやっちゃんのビミョーな顔....笑。
手前はよくブログにも出てくる親友ノダ。

こちらも開催メンバーの二人。
左がおもちゃを作る会社のゆきたん、右がデザイナーのさっきゅん。

渋谷のお店のテラスを貸し切って
19時開催、19:30乾杯だったのですが出席の返事くれてた同期は
ほぼ集まり、なんと優秀(?)なんだ!と感動。(まあ大人ですからね。笑)

アブラーズ

同期のみんな。みんな立派に働いててえらいよー。笑

真ん中はテレビ局の中で働くかっつえ。右はうちのゼミの先生。

久々のふたり。

美しメンバー。

ママ二人。
二人とも子供がいるのに全く変わらない上にますます綺麗になっとる!!(驚愕)
愛情って女性を美しくさせるんですね〜。
子供もこんな綺麗なママで嬉しいだろな。笑

イエーイ

ノリが変わらない!

シナリオを書く人。まーしー。

歌舞伎座で働くパパ、おのっち。ガシャポンの会社にいるしまちゃん。

うちは芸術学部だったのですが今は芸人だったり、
子供の教育の研究(と、幼稚園の先生)だったり、映像の仕事してたり、
皆ほんとそれぞれ。

会も終盤に近づいた頃、
なんとこれから長期旅行に行く私を送る為の
豪華ケーキをサプライズで用意してくれてましたー!!!!
驚愕ー!!!!

びっくりしすぎて+ありがたすぎて(こんなにしてもらっちゃっていいのか?的な)
逆に冷静になっちゃったよ。笑 いやもうほんと恐縮です!はい。

ケーキの上には丁寧に作られたアジア諸国の旗と、「We Hiromi」ののぼりと、
「うっちーいってらっしゃい」の素敵なメッセージが!!

いってらっしゃい応援カードも皆から頂いてしまって。
みんな〜〜本当にありがとう!
準備大変だったろうに。

最後には集合写真を。集合写真てなんかいいね。

最後には先生お三方からお言葉を頂いて。

帰りに久々に会えた最愛のじゅんこ先生(うちのゼミの先生)から
ハグしてもらいました。こんなアクティブなかっこいい女性になりたい!

最後に印象的だった我らが順子先生の言葉。
「君たちはもうそろそろ30代ですが、これからもっともーっと色んなことあるから!
40代になっても50代になっても楽しいことあるし、私は今でも楽しいです」

うわー先生良い事いうなあ。笑
きっとこれから生きてく上であった時、思い出すのは
きっとあの時間を共有した仲間達の顔なのかもしれません。

数年後、ぜひまた同窓会やりましょう!
主催メンバーの皆、同期の皆、先生方、本当にありがとうございました。

開催側として沢山お礼を言われたけど何より楽しんでいたのは私自身でした...多謝。

あー、楽しかった。いい夜やー。
そのあと二次会には参加せず飯田橋LOMハウスへ急いで向かったのでした〜!

9年半一緒に暮らした愛猫の「とび」が死去しました

生前のとび(亡くなる二ヶ月程前)

2012年10月3日、9年半一緒に暮らした愛猫の「とび」が死去しました。

(私事なので興味ない方は飛ばして下さいね。)

今週のことなので気持ちの整理もついていませんが
今までとびを知っていて下さった方、可愛がって下さった方に
お知らせしたかったので書かせて頂きます。

今週火曜、ぐったりとして調子が悪くなり翌日の水曜に亡くなりました。
獣医さんの話によると、心臓は問題なく、腎臓と肝臓が悪くなっていたそうです。
多分ですが、数年前に尿路結石になった時から猫の二大疾患と言われる腎不全が
ゆるやかに進行していたのではないかと思います(あくまで予想です)

正直、9年半という猫にしては短い生涯を送らせてしまったことを
飼い主として後悔しています。
話が出来ないからこそもっときちんとみてあげなきゃいけなかったのに。
もう今となっては遅いんですけど。

とびは元々捨て猫でした。
獣医さんに保護されていたところを、姉が貰ってきた猫でした。
当時私は大学生で、仔猫のとびをこんな可愛い生き物が世の中に存在するのかと
思ったほどでした。
やんちゃでカーテンにどんどんよじのぼって行く幼年期、
ヒモをおいかけ遊び回る若年期、
そして落ち着いてきて段々人間みたいになってきたここ最近。

家族内で口喧嘩が起きたときもそれを諌めるようにニャーニャーと鳴いたり、
母が病気で入院する直前、台所で倒れ込む母の腰を暖めるように
寄り添ってくれたり、
涙を流す場面ではいつも心配そうにそばにいてくれたり。
私自身10代後半から30代手前まで一緒に過ごした約10年、お正月、夏休み、
大晦日、家族の集まる楽しい記憶に残る行事には
必ず横にちょこんと座っていてくれました。
(もちろん私が居ないときもありましたが。)

私がインドに単身四ヶ月バックパッカー旅行をした時も
全くホームシックにかかった意識なんて無く帰国したのですが
自宅のドアを開けたら玄関でとびが出迎えてくれて、
彼を見たらなぜか理由もなく涙がどっと溢れたことなどを思い出します。

でも(でも、というのは私の勝手ですが)仔猫の時から彼が逝ってしまうまで
目一杯これ以上ない位の愛情をかけていたので
そこに悔いはないことだけが救いです。

毎日ひなたぼっこして、母に抱っこされて、たまにおやつ貰って。
元気に遊んで、父にブラシして貰って。夜は家族と寝て。
お気に入りの場所があって。

今は本当に悲しいですが、長いようで短い九年半、
彼が幸せだと感じていてくれたら本当に嬉しいなあと思います。

とび本当にありがとうー、楽しかったよー。

ちょっと時間はかかりますが、前向いて行こうと思います。
うちに遊びに来てとびを撫でて下さった方、
とびのことを知って下さっていた方、読んでくださった方、
本当にありがとうございました。




アイシング大会を開催したよ

こんにちは〜。

先日の10/1、訓練校の皆とアイシング大会を開催してきましたよ。

cookieboyさんのサイトをみてから「一度はやりたい!」とは
思っていたのですが、アイシングというもの自体どう作るのか全くわからず。
そんな中訓練校のひろみさん(同じ名前や)がアイシング経験者だったので
講師になって頂くことに。やった!
(てか意外にアイシングって女子みんなやりたがってますよね。ね?)

てかアイシングって作るのこんなに大変なんですね〜〜。ナメてたわ。
(出来たらあとは描くだけなんですが)

でも全部通して楽しい作業ばかりでした。
写真多めに載せて行くのでご覧ください〜。

場所は希望ヶ丘地区センター。なんと24人で使える調理室を今回7名で使用。
しかも4時間1080円です。最高です。

わあ。なんと。1秒で思いついた団体名がこんな風に立派に飾られています。
嬉しいけどきまずいです。

さてさて。早速作り始めましょうか。
メレンゲパウダーを量り、水と混ぜ合わせます。


水が多いとうまくいかないそうなので、慎重に。

粉砂糖をふる姿も美しい三崎さん。
あ、ちなみに今回は粉砂糖は1キロ使いました。

そして粉砂糖に水+メレンゲパウダーを溶かしたものをいれ、泡立て器でウィーン。


様子をみながら水を足していきます。いれすぎるとオジャンになります。
これぼそぼそだけど大丈夫なのー?と言いながら根気づよく混ぜます。

周りに飛び散る&乾きやすいので濡れ布巾をかけながら混ぜて行きます。
三人がかりずつ!笑(左のチームは私が写真撮影のため一瞬抜けてます)

ほーら!段々なめらかに!!

みんなで交代で混ぜて行きます。

いい具合になったら固いアイシングを絞り袋に詰めて行きます。

人数分出来たら濡れ布巾に寝かせます。
可愛い。就寝中。


そして柔らかいアイシングは各々紙コップにいれて
食用の染料をいれて混ぜまぜしていきます。


食べ物の色じゃない!
ちなみにこれは袋に詰めてるところ。なるべく一発で詰めるといいらしい。

詰めたらセロハンテープで止めます。

これが食用染料。ひろみさんの私物。

文化祭の色やでえええ

黙々と。でも楽しそうに、真剣にみんなアイシングに色をつけていきます。

沢山色が出来ましたー
染料のチョイスによってかなりの色数が出来るはず。


夜なので夕食はさみつつ。

さて待ってました、お絵描き。
三崎さんはなんとクッキー(全粒粉・甘み少なめ)を作って持って来て絵を描いてます。
しかもそれを後日綺麗にラッピングしてプレゼントしてくださる女子力の高さ。
もう女子力が測りきれなくて壊れた、スカウター完全に壊れた。(ベジータ)

かなり集中してます。

あたいの作品、製作中。
む、むずかしい....

描き方は自由ですが、まず固いアイシングで土手(枠)を描き、その中を
色付きの柔らかめアイシングで着色(色を置いて行く)らしいです。

さてこれは何でしょう。

おれだよ、おれおれ。噂の。


う、噂のーっ!に、似てねえーっ!!笑

左はアイシング先生のひろみさんの作品。
ダブルひろみで修復画を描いてみたのだがどっちも絶望的に似ていない。笑
だれやねん状態。しかも笑っちゃって描けなかったんだって。おい!笑

絵心のある三崎さん作品。美味しそう〜。食べたい〜。

他の皆さんの作品。

カラフル!

みんな個性出てますねえ。

三崎さんかなりアイシングにはまっている模様。


全面に絵描き過ぎの私の作品。

「あ」


まんがでよく描く自画像。

アニメ「ウザいオレンジ」とそれに出てくるウザいオレンジとパイナップル。
アイシングかたかったな...オレンジ...ごわごわやん...気持ち悪い....

チベットの旗、失敗。敗因は土手を作らなかったこと。
(失敗気味なので齧ってみた。うまい。)

やってみてわかりましたがアイシングってけっこう大変なんですねー。
アイシングの柔らかさとかも重要だし、
絞り袋の先を切り過ぎても沢山出過ぎてうまく描けないし。

いやー、でもかなり楽しかったです!!
ずっと描いていたかったなー。またやりたい。

楽しすぎて地区センターの閉館時間ぎりぎりになってしまいましたが、
なんとか時間内に撤収することが出来ました。
当日、一応主催は私ではありましたがひろみさんと皆さんの協力なしには
できなかった会でした。
ありがとうございました!

アイシングリベンジしたいー!
合い言葉は「さあ、皆も L'ets アイシング!」


| 1/195PAGES | >>

PROFILE
絵・旅行大好きイラストレーター。
鎌倉と都内をうろうろ。
話しかけてね。


LINKS

ウチヤマヒロミサイト「soi」

ぶらぶらインド四ヶ月の記録「ぶらぶらインド」

著書「ぶらぶらインド四ヶ月」販売サイト


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM